カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 症状 >
  5. 感覚過敏・異常 >
  6. 敏感すぎる脳のせい? 脳の過敏性と片頭痛

頭痛

敏感すぎる脳のせい? 脳の過敏性と片頭痛

 

片頭痛の発症の機序としては、脳の大きな血管や脳を覆う硬膜などの血管周囲に分布している三叉神経が刺激されて、炎症が起き、痛みを感じるという説が最も有力と言われています。ところが、最近、脳の過敏性が片頭痛の原因という説も報告されています。

 

脳の過敏性が原因?

 

最近、一部の説で、片頭痛は脳が過敏な状態である「脳過敏症候群」が原因で発症するといわれています。過敏な脳によって、気圧や温度差、環境やホルモンバランスの変動を敏感に読み取り、 これが痛みに変わってしまうと考えられています。特に片頭痛のなかでも、視覚的な前兆を伴う片頭痛の患者さんでは大脳の視覚に関するエリアの後頭葉で異常な興奮性が見られ、これが閃輝暗点として現れると言われています。前兆のある片頭痛の患者さんの多くは、子どもの頃から片頭痛になっていて、その片頭痛に対して適切な治療ができずに、痛みを我慢してきたケースが大部分だとも言われています。その結果、脳の過敏な状態が慢性的になり、治りにくくなるとも考えられています。

 

さらなる研究に期待

 

「脳過敏症候群」は現在、日本頭痛学会に報告され、積極的に議論されています。今後もこの分も含めた頭痛の研究が進み、片頭痛の原因の解明と治療法の確立がなされることが期待されています。

 

片頭痛の発症の機序が分かれば、新しい、より効果的な治療法の開発にもつながるので、これからの研究に期待しましょう。

 

Photo://www.ashinari.com/2012/06/24-363880.php

著者: 夏樹さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感覚過敏・異常に関する記事

片頭痛で一番激しい状態?!匂い過敏は片頭痛の進行例

  片頭痛発作は通常4~72時間続き、片側の拍動性頭痛が特徴です。ただし非拍動...

頭痛前の顔のピリピリには原因があった!痛みの原因はコレかも!

片頭痛に悩まされる方の中に、頭痛の前に顔がピリピリする症状を訴える方がいらっ...


片頭痛で目の周りが痛くなる!?「アロディニア」とその対処法

片頭痛患者の7~8割もの人が経験すると言われているアロディニア(異痛症)をご...

目がかすむ!顔が痛い!片頭痛に伴う症状とアロディニア

片頭痛の発症率は全国で8.4%と、生涯有病率が30~78%の緊張型頭痛に比べ...

カラダノートひろば

感覚過敏・異常の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る