カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 症状 >
  5. 恐怖症としての「拒食」~摂食障害、拒食症の方の恐怖心とその中身とは?

メンタル

恐怖症としての「拒食」~摂食障害、拒食症の方の恐怖心とその中身とは?

%E9%81%8E%E9%A3%9F%EF%BC%92.jpg

拒食症、初期の場合にはどんなかんじかご存知でしょうか。

 

体重が増える「恐怖」

「拒食」の初期には患者さんは明るく活発になることが多いそうです。いつもよりもよく勉強したり、外出したりするようになります。この時期は、本当に「拒食」が安心感と達成感を与えてくれているのだと思います。

 

しかし、「拒食」はだんだんと恐怖症へと変わっていきます。安心感や達成感ではなく、「苦しい縛られ感」(まるで義務のように決められた食べ物を食べ、低い体重を維持する)と、現状を変化させることへの恐怖しか感じられない、という風になる人も多いのです。つまり、体重へのこだわりが自分を苦しめるようになるのですが、恐怖症の特徴は、理屈ではないというところです。

 

「とにかく怖い」

頭で考えれば、体重が少々増えることは問題がないはずだと理解することはできても、「とにかく怖い」のです。そして、恐怖をコントロールできない自分はどうなってしまうのだろう、とますます怖くなります。この「苦しい縛られ感」は、強迫症状と呼ばれるものですが、もともとは不安から逃れることを目的とした症状です。

 

例えば、食べ物のグラム数などを細かく決めている人がいますが、それは、グラム数を細かく決めるという「儀式」によって不安を感じないですませようというのが本来の目的です。しかし、だんだんとグラムそのものに縛られるようになり、決めたグラム数から少しでも外れると非現実的な恐怖に駆られるようになるのです。

 

強迫症状の特徴

強迫症状のもうひとつの特徴は、まわりを巻き込んでしまうことが多いということです。もともと不安を回避するためのものですから、周りの人がそのやり方に従わなかったり乱したりすると、不安が強くなるのです。ですから、周りの人にも「同じやり方」を求めることになります。

 

食事を用意する家族に、食物のグラム数の計算を厳しく要求し、やってもらえないときには激しく怒る、などというのもその表れです。周囲は「いい加減にしなさい!」と怒ってしまうことも多いのですが、もともと不安を回避するためにやっていることですから、怒られるとますます不安が強まります。

そして、強迫症状はますますひどくなります。

また、自分の不安が不合理であることは本人が(頭では)だれよりもよくわかっていますので、説得してもあまり効果がありません。

 

その他にも「拒食」の人は、ものの並び方を過剰に気にするなど、食べ物以外にも強迫的になることが多いです。

食行動以外についての強迫症状が強くはっきりとしている場合には摂食障害のほかに強迫性障害を持っていると診断されますが、そうでない場合は、摂食障害がよくなっていく過程で強迫症状も収まってくるのが普通です。

 

(Photo by://www.bsmile55.com/

著者: ひなさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

過食症とむちゃ食い症候群

  過食を繰り返してしまう病気には、過食症とむちゃ食い障害があります。 ...

嘔吐によって、ミネラルが失われるとどうなる?

拒食症の人は食べ物を極端に食べなくなることもありますが、一方で食べたものを嘔...


摂食障害は「ゆきすぎたダイエット」ではなく病気です!過食症・拒食症とは?

摂食障害と単なるダイエットは、連続線上にありますが明らかに違う性質のものです。...

拒食症で生理がストップ! 更年期障害と同じ?

    ファッションモデルに憧れてダイエットを始めたのは良いけれど、目標体重まで...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る