カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 梅毒 >
  5. HIVへの感染率が上がります!梅毒は早期治療を!

気になる病気・症状

HIVへの感染率が上がります!梅毒は早期治療を!

 

 

 梅毒とは梅毒トレポネーマの感染によって起こる性感染症です。

 

梅毒に感染するとHIVを始めとする淋病や性器クラミジアへの感染リスクが高まり、またHIV患者や淋病患者は梅毒への感染リスクが高まると言われています。

 

 

 梅毒の症状

○第1期

性器や肛門、口などの感染した部位に痛みのないしこり(初期硬結)ができます。

その後、潰瘍を生じ硬性下疳となり、リンパ節の腫脹(無痛性横痃)が見られますが、4~6週間で自然に軽快します。

 

○第2期

全身の皮膚に赤い斑点やブツブツが出来ます。

かゆみや痛みは無く、2~6週間で消えます。

 

○第3期

皮膚や筋肉、内臓に腫瘍(ゴム腫)ができます。

 

○第4期

神経や血管が侵され、大動脈瘤、痴呆、脊髄癆、となり死亡します。

 

 

 感染経路

感染者の血液、精液、膣分泌液を介して、性行為・性類似行為(オーラルセックスやアナルセックス)によって感染します。

 

梅毒は感染力のそれほど強くない病気です。

ただし、他の性感染症を持っていると梅毒に感染しやすくなります 

これは性感染症によって性器粘膜に炎症が起こり、その微細な傷からウイルスが感染しやすくなるのではないかと言われています。

 

もしも梅毒の感染が見つかった場合、他の性感染症(HIVや淋病など)の検査も受けた方がいいでしょう。

またセックスパートナーにも検査を受けるように言いましょう。

 

 

 まとめ

梅毒は一旦症状が軽快するので治ったのではないかと誤解され、その間に感染が広がってしまうことがあります。

セックスパートナーが複数いる人は性感染症患者に接触する機会が多くなり、また性感染症に感染することにより他の性感染症を発症するリスクが高まります。

多くの性感染症はコンドームを正しく使用することにより予防できるので、性行為だけでなく性類似行為を行う時にも使いましょう。

 

 

  

(Photo by: //pixabay.com/ja/%E6%A2%85-%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%90%E3%82%A4-%E8%8A%B1-%E6%9C%A8-%E9%BB%84%E8%89%B2-82549/)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

梅毒に関する記事

梅毒の治療法~感染を拡大させないためにはどうする?

  梅毒は性交渉などで感染することが多い性病です。粘膜や傷口から病原菌が入...

梅毒ってどんな病気?

 梅毒とは、梅毒トレポネーマの感染によっておこる性感染症です。    感染経路...


梅毒って昔の病気じゃないの?最近増加中の梅毒の特徴って?あなたは大丈夫?

梅毒という病気を聞いたことがありますか? 性病のひとつですが、昔の病気とい...

梅毒かも?と思ったら…症状を知って判断しよう!

  梅毒に感染してしまったかもしれない…と思ったら早めに病院を受診し、適切...

カラダノートひろば

梅毒の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る