カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 症状 >
  5. その他 >
  6. まるで脳梗塞みたいな片頭痛

頭痛

まるで脳梗塞みたいな片頭痛

 

片頭痛の患者さんには、まるで脳梗塞のような症状が見られる場合があります。もちろん、脳梗塞は命に関わる病気ですので、これはきっと片頭痛の症状だろうと軽視してはいけませんが、どのようなものがあるのかご紹介いたします。

 

腕が動かなくなる!?

 

家族性片麻痺性片頭痛、孤発性片麻痺性片頭痛と呼ばれる片頭痛があります。この片頭痛は、運動麻痺を含む前兆の見られる片頭痛です。片頭痛の頭痛の前兆の症状で、腕や足などが脱力したように感じたり、動かせなくなるように感じる患者さんもいます。これらの症状は時間経過とともに完全に治ります。

 

話せなくなる!?

 

片頭痛の前兆として、言葉がすっと出てこなくなったり、何を話しているか分からないようなことを言ったりなどの、障害が現れるひともいます。この症状も時間経過とともに完全に治ります。

 

片頭痛とTIAとの鑑別

 

脳梗塞の前兆と言われている、一過性脳虚血発作(TIA)との鑑別が重要になってきます。TIAでも運動麻痺のような症状が一時的で、時間経過とともに回復します。ところが、TIA の患者さんは一度TIAを起こすと、脳梗塞を生じやすくなるため、注意が必要です。

TIAでは通常、視力障害や手足の感覚消失など、神経学的に【何かが失われる】陰性の所見が見られることが多いです。一方で、片頭痛の前兆の場合では視野にキラキラ光ったものが見えたり、手足のびりびり感など何かが現れる】陽性所見を伴うことが多いです。

 

TIAではないことを確認するためには以下のような詳しい検査が必要になります。

 

・脳MRI検査

・頚動脈エコー

・心エコー、心電図

・血液検査

 

片頭痛よりTIAの可能性を高く考える場合は、高齢(60歳以上)、高血圧であること、症状が1時間以上続くこと、糖尿病の患者さん、などです。

 

片頭痛の患者さんでは脳梗塞になりやすいという研究結果もありますので、前兆であれば幸いですが、そうでない場合のことも考えて、必要に応じて医療機関を受診してください。

 

 

Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349531.php

著者: 夏樹さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

片頭痛(偏頭痛)は30・40代が最も辛い?生活環境を見直そう

  偏頭痛は遺伝する頭痛と言われることがあります。そうは言っても親が偏頭痛だった...

片頭痛でお腹が痛い!腹部片頭痛!

    片頭痛と言うと、側頭部がズキズキと拍動性に痛むというイメージが強いか...


年齢で変化する片頭痛(偏頭痛)の痛み 年齢に対応した対処を!

  片頭痛を発症している人は、そのほとんどが発症年齢が20代以前です。若い頃に片...

ストレスが原因?同時に起こる片頭痛(偏頭痛)と不整脈

偏頭痛と不整脈というと一見、脳と心臓で全く関係のないことのように言われます。...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る