カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. 日本人死因第2位ってホント?!心筋梗塞について知っておこう

生活習慣病

日本人死因第2位ってホント?!心筋梗塞について知っておこう

 

死に直結する危険性も含む、心筋梗塞。

今話題の生活習慣病でも、この心筋梗塞が起こる可能性があります。

 

心筋梗塞とは?

心臓の筋肉(心筋)に血液を起こる、冠動脈という血管があります。

この血管の一部がの何らかの原因で血液の流れが止まり、その先に血液が流れなくなります。

それにより、血液が流れてこない部分の細胞が、死んでしまいます

これが、心筋梗塞です。

生活習慣病の場合、血管の内側に付着したコレステロールなど(プラーク)が蓄積し、それが血管を塞ぐことが多いです。

発作の程度が軽い狭心症と違い、心筋梗塞は致命的になることもあります。

 

心筋梗塞の患者数

心筋梗塞や狭心症を総称して、「虚血性心疾患」といいます。

厚生労働省は3年ごとに患者数の調査をしていますが、平成20年の調査では虚血性心疾患の総患者数は80万8000人となっています。

女性よりも男性の方が、患者数が約12万人多くなっています。

また、日本人の死因の中で、悪性腫瘍(がん)に次いで第2位となるなど、非常に身近な病気でもあります。

 

心筋梗塞は後遺症も怖い!

心筋梗塞になり血液の流れが止まると、その先の細胞が死んでしまいます。

心臓の細胞は、一度死んでしまうとほぼ再生するのは不可能です。

死んだ組織は線維の様な組織に置き換わります。

これは心筋としての役目を果たさないので、心臓の収縮する力・拡張する力が弱くなります。

また、心臓の拍動リズムが乱れやすくなるなど、不整脈の原因にもなります。

 

心筋梗塞の治療

食生活の乱れなどで血液がドロドロになっている場合、血管の内側にプラークが溜まりやすくなります。

血液をサラサラにする薬(抗凝固薬)を飲むことがあります。

これは薬の種類によって、食べるものの制限が出てくることがあります

脂質異常症(高脂血症)や高血圧、糖尿病などの生活習慣病や肥満も、動脈硬化の危険因子です。

きちんと治療を行い、生活習慣を改善する必要があります。

程度によっては、手術を選択することもあります。

 

心筋梗塞は患者数も多い、非常に危険な病気です。

生活習慣をきちんと見直すとともに、健康診断をきちんと受けて自分の体を見直しましょう。

 

(photo by //www.ashinari.com/2009/01/30-013142.php)

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

女性は特に注意!大きなストレスを感じて発症する心疾患「たこつぼ心筋症」ってなに?

  過度にストレスを感じる場面や、興奮状態になると、人の心臓は激しく動きます。...

見落とさないで!これも心臓の負担になるんです!「二重負荷」と「薬の夢効果時間」の動作

  生活習慣病は血液や血管に障害が起こる病気が多いです。 血液や血管は全身に...


携帯電話の電波は影響する?ペースメーカーの「今」を知ろう

  携帯電話の電波が影響するといわれ、満員電車の中では携帯電話を切りましょ...

心臓病の治療には欠かせないカテーテル治療って何だろう?

  医療ドラマなどのセリフでも出てくることのあるカテーテルですが、心臓病の検査...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る