カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. その他 >
  6. 生活習慣病で不整脈が起こる!

生活習慣病

生活習慣病で不整脈が起こる!

 

不整脈は、心臓の病気から起こることはよく知られています。

でも実は、生活習慣病でも引き起こされるのです。

 

不整脈とは

その名の通り、脈が整っていない状態です。

普通は一定のリズムで脈を打ちますが、その早さやリズムに異常が出てきます。

1.早い脈

「頻脈」と呼ばれます。

心臓を動かす時には、1分間に50~100回ほどの電気信号が作られ、送られます。

その電気が早く作られたり、異常な場所に電気が通ることで、頻脈が起こります。

2.遅い脈

「徐脈」と呼ばれます。

頻脈とは逆に、電気信号が作られない、電気が通り道の途中で通らない場合に起こります。

3.脈が飛ぶ(抜けている)

「期外収縮」と呼ばれます。

本来電気信号が発生する場所でない所から電気が早く発電されるので、期外収縮が起こります。

心房(心臓の上側)で発電した場合を「心房性期外収縮」、心室(心臓の下側)で発電した場合を「心室性期外収縮」といいます。

 

生活習慣病で起こる理由

糖尿病、高血圧、高脂血症などが起こると、血管の動脈硬化が進行します。

心臓を取り巻き、心臓に酸素や栄養を運ぶ冠動脈も影響を受けます。

すると、心臓に送られる血液が少なくなり、不整脈が起こる可能性があります。

 

不整脈の症状

<徐脈>

・息切れ

・めまい

・ふらつき

・失神

<頻脈、期外収縮>

・急に胸がドキドキする

・吐き気

・胸が締め付けられる

・胸が苦しい

・脈が飛んでいる

 

不整脈の治療

<徐脈の場合>

人工ペースメーカーを埋め込む手術が、一般的です。

人工ペースメーカーは電気を発生させることで、心臓の電気信号を補い、徐脈を治します。

<頻脈の場合>

初期段階は、抗不整脈薬や血栓を溶かす薬などの内服を行います。

異常な電気の発生場所や通り道にカテーテルから高周波を流す治療(高周波カテーテルアブレーション治療)を選択することもあります。

非常に早い脈など危険な不整脈であれば、植え込み型除細動器(ICD)を装着する手術が必要です。

 

ほとんどの場合、不整脈はそれ自体が健康に大きく影響を与えるものではありません。

しかし、中には怖い不整脈もあり、動脈硬化が進行することで重篤な不整脈へと進行する場合もあります。

しっかりと生活習慣を見直し、治療を行うことが大切です。

 

(photo by //www.ashinari.com/2008/08/24-006998.php)

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

狭心症などの心臓の手術はいくらかかる?

  狭心症や心筋梗塞では、発作時や病状が悪化した際に、手術が必要となります...

精神的なストレスが心臓病の危険因子になる!心と心臓の切り離せない関係とは?

  精神的ストレスが引き金となって、病気を発症することはよくあります。 特に...


心臓病の治療には欠かせないカテーテル治療って何だろう?

  医療ドラマなどのセリフでも出てくることのあるカテーテルですが、心臓病の検査...

携帯電話の電波は影響する?ペースメーカーの「今」を知ろう

  携帯電話の電波が影響するといわれ、満員電車の中では携帯電話を切りましょ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る