カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 治療 >
  4. お医者さんに頭痛を説明するには? 生活習慣や環境について

頭痛

お医者さんに頭痛を説明するには? 生活習慣や環境について

 

 

頭痛で病院いった時にされる生活習慣や環境についての質問です。

 

1. 今飲んでいる薬はあるか

 

頭痛の治療には急性期治療、予防療法どちらも、薬を使った治療法があります。予防対策では、薬を使わなくても飲んでる薬剤に影響がありそうな方法(ハーブなど)があります。現在飲まれている薬との相性を知る上でも、飲んでる量や種類、その効果について教えてください。また、頭痛の発作時の鎮痛薬などの飲み方によっては、薬物乱用頭痛という頭痛を起こしている場合もあります。薬を月にどれくらい飲んでいるか分かると診断や治療の計画のうえでも大変助かります。分かる範囲で構いませんので医師に伝えるようにしましょう。

 

2. お酒やコーヒー、タバコなどの嗜好品の摂取について

 

頭痛の誘因や増悪の原因になっていることもあります。場合によっては、嗜好品の摂取に対しても予防の計画の上でアプローチしていくこともあります。

 

3. 睡眠、食事、排泄、ストレスについて

 

生活習慣は頭痛に深く影響を与えていると考えられています。睡眠や食事、排泄に何か変化や気になる点があれば教えてください。また、精神的社会的に何かストレスがたまるようなことがある場合はそれも伝えてみましょう。

 

4. 家族に頭痛になりやすい人はいるか

 

頭痛には家族に患者さんがいるかどうかが、診断の決め手になったり、病気の予後や重症度に関連している場合もあります。

 

5. どうしたいか 

 

頭痛をなくしたいの、学校に行く間の発作をおさえたい、お薬代はあまりかからないようにしたい、通院は少なくしたい、副作用の少ない治療が良い。ご自身のどうしたいかという希望があれば遠慮なさらずに伝えましょう。必ず希望が聞き入れられるとは言えませんが、みなさんの希望に合わせて予防療法などを組み合わせていきます。

 

皆さんが医師に生活環境や現在の状況について伝えることは、診断に必要なこともありますし、治療を計画していくうえでとても重要になっていきます。言い忘れたことや、あとになって付け足したいことが見つかれば、遠慮せずに教えてください。

 

Photo://www.ashinari.com/2013/05/04-378307.php?category=281

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

治療に関する記事

頭痛に使用される薬

頭痛は大きく分けて片頭痛・緊張性頭痛・群発頭痛に分類されますが、主に薬物治療が...

市販薬を服用するときの2つの注意点!飲みすぎない・体に合った薬を!

  片頭痛の対症療法に市販薬を使う方もいます。市販薬の作用は鎮痛です。片頭痛に...


薬物乱用頭痛はどうやって治療するの?

  市販薬の乱用によって起きるのが薬物乱用頭痛です。   ●薬物乱用頭...

肩こりを治して頭痛も治そう!肩こりによる頭痛を解消する方法

  肩こりは今や国民病と言われ、ほとんどの人が感じたことがあると思います。慢性的...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る