カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 先天性梅毒について

気になる病気・症状

先天性梅毒について

 

 

 先天性梅毒は、梅毒トレポネーマに感染した母親から胎盤を通じて胎児に感染し発症する多臓器感染症です。

 

 

感染リスク

胎児が胎盤を通して感染ずるリスクは60~80%です。

第1期梅毒および第2期梅毒で無治療状態の母親からは感染します

潜伏期や第3期梅毒からは感染しません。

 

症状

多くの感染児に症状は出ず、梅毒は死ぬまで潜伏し続けます。

 

○早期先天梅毒

生後数ヶ月以内に発症します。発育不全、口周囲に割れ目ができ独特の顔貌、全身リンパ節腫脹、皮膚発疹、精神遅滞、が見られます。

 

○晩期先天梅毒

生後二年以降に現れてきて、いずれの年齢でも出てくる可能性があります。ゴム腫性潰瘍、角膜炎、難聴、ブルドッグ様顔貌、といった症状が見られます。

 

 

検査

○早期先天梅毒

妊娠中に行われる血液定期検査で疑われます。母親が陽性の場合は、徹底的な診察を受けます。

梅毒の徴候が見られたり、感染の疑われる血液検査結果を示す乳児にも様々な検査が行われます。

 

○晩期先天梅毒

既往歴、独特の身体徴候、血液検査によって診断されます。

 

 

 

治療

ペニシリン系抗生物質による治療を行います。

母親や新生児の状態によってどのようなアプローチになるかは違ってきます。

 

 

まとめ

先天性梅毒は妊娠中に適切な治療を受けることによってほぼ100%発症を押さえることができます。

妊娠中は梅毒も含め性感染症の検査は必ず受けるようにしましょう。

また家族も同様に検査を受けたほうがいいでしょう。

 

  

 

(Photo by: http://pixabay.com/ja/%E9%87%8E%E7%94%9F%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%A0-%E8%8A%B1-%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-%E6%9C%A8-%E9%81%93%E8%B7%AF-51401/)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

昔とかなり違う!?進化したHIV治療薬 薬の種類をまとめ

  HIV:ヒト免疫不全症候群は、性感染症であることや免疫不全でさまざまな...

コレラは顔に出る?コレラ顔貌とは

  自分や周囲の人がコレラかどうか判断するにはいくつかのわかりやすい特徴があり...


AIDSってどうやったら感染するの?

    AIDSってどうやったら感染するの?どうやったら感染しないの?  ...

アフリカを中心に分布する感染症 西ナイル熱の症状・治療法

  西ナイル熱は日本ではまったく分布歴のない感染症です。アフリカ、中近東、西ア...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る