カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. >
  5. 症状 >
  6. 卵アレルギーの人が卵を食べるとどんな症状が出る?

アレルギー

卵アレルギーの人が卵を食べるとどんな症状が出る?

 

食物アレルギーと聞くと何を想像しますか?

 

「卵」「小麦」「そば」などが代表的なのではないでしょうか。

それでは、今回はこれらの中でも卵アレルギーについてどのような症状が現れるか紹介します。

 

卵アレルギーの症状

卵アレルギーの症状には以下のようなものがあります。

・じんましん

・呼吸困難

 

また、卵アレルギーの特徴的な症状として、貨幣状麻疹というものがあります。これは貨幣状、つまりコイン状に麻疹が出る症状です。

卵アレルギーの症状には個人差があります。

食べてから発症までの時間、また症状が治るまでの時間は、個人の抗原への反応の強さ、免疫力で変わってきます。

 

アレルギーの症状が強ければ、ものの数分で呼吸困難に陥ったり麻疹が出たりします。

またそうでなければ、半日から数日後に麻疹が出て、その後治るということもあります。

 

乳幼児の卵アレルギー

実は、卵アレルギーは成人よりも乳幼児の方がなりやすいと言われています。

なぜそうなのかといいますと、乳幼児の肌は非常に敏感であり、抗体も少なく免疫に乏しいからです。

 

症状としては、赤いボツボツが全身に現れ、かゆみを伴います。

乳幼児は我慢ができないため、かいてしまったり、不眠不機嫌になってしまったりします。

 

一度乳幼児のときに卵アレルギーになると治療は極めて困難になります。

 

 

卵アレルギーは身近な存在であり、かつ卵を使った食品はたくさんあります。

乳幼児は一度発症してしまうと治療が難しくなります。

特に気をつける必要があるでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/04/08-377582.php)

著者: karadakaradaさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

卵アレルギーの特徴的な症状

卵アレルギーといっても、他のたくさんの食物アレルギーと同じように発疹やかゆみ...

乳幼児 注意すべき卵アレルギーの諸症状

  卵アレルギーは乳幼児に多いアレルギー疾患の一つです。それぞれが持つアレルギー...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る