カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. かに >
  5. 症状 >
  6. かにアレルギーだけじゃない!発症率の高い他アレルギーに注意!

アレルギー

かにアレルギーだけじゃない!発症率の高い他アレルギーに注意!

甲殻類アレルギーの中でも、えびと並んで多いのが、かにです。かにアレルギーの基礎知識を知っておきましょう。

 

原因はトロポミオシン

 

かにに含まれるトロポミオシンというタンパク質が主な原因物質です。

トロポミオシンは、人間を含めて筋肉を持つ生物がみな持っている物質ですが、甲殻類のトロポミオシンはアレルギーを起こしやすいといわれます。

そのため、魚を食べても大丈夫なのに、かにだけ食べられないという場合もあります。

 

大人になってから発症する場合も

子どもの食物アレルギーの大半は、卵がアレルゲン(原因物質)です。

しかし20歳以上では、かにを含む甲殻類がアレルゲンのトップに挙げられます。かにアレルギーは7歳以降から徐々に増え始め、10代後半から20代以降には大きな割合を占めるようになります。

大人になってからアレルギーを発症する場合も多く、今まで問題なくかにを食べていた人も発症する可能性があります。

発症率の男女差はありません。

もちろん、乳幼児期から発症する場合もあるので、注意が必要です。

 

 

えびアレルギーの人は要注意

アレルゲンのトロポミオシンは、えびにも共通するタンパク質です。

既にえびアレルギーを発症している人は、かにについても高い確率でアレルギーを起こすといわれます。

えびほどではありませんが、イカ・タコ・サザエなどもアレルギーが起りやすいといわれます。

 

 

かにアレルギーは、大人になってから突然始まることもあります。今まで大丈夫だった人も、油断は禁物です。

 

 

 

(photo://www.ashinari.com/2008/10/08-009115.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

かにアレルギー症状は、ハウスダストでも現れる?!

  かにアレルギーの症状は、単にかにやエビを食べることで発症するだけで無く...

冬に美味しいカニ!でもアレルギーの注意が必要!主な症状を知っておこう

冬のごちそうとして人気の「かに」!しかし、アレルギーを起こしやすい食べ物のひ...


触れるだけで発症する?!かにアレルギー

かにアレルギーとは、エビも含む甲殻類を食べる事によって発症する食物アレルギーで...

かにアレルギーの症状と、その特徴とは?

  かにアレルギーは、主にエビやかにといった甲殻類をアレルゲンとし、アレル...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る