カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. かに >
  5. 治療 >
  6. かにアレルギーの主な治療法

アレルギー

かにアレルギーの主な治療法

かにアレルギーになってしまったら、治療法はあるのでしょうか?

かにアレルギーの特徴を踏まえてご説明します。

 

基本は除去!

「子どもの頃に卵アレルギーだったけど、大人になったら食べられるようになった」というのは、良くある話です。

しかし、子どもの食物アレルギーは消化器が未発達であるために起こることが多く、成長とともに軽減しやすいのです。

一方、かにアレルギーは成長期を過ぎてからの発症が多く、そのためにアレルギーが完治するという可能性は低いと考えられます。

したがって、かにを食べない、つまりアレルゲンを排除するのが治療の基本です。

アレルギー自体を根治するのが難しいといえます。

 

 

抗アレルギー薬の注意点

食物アレルギーの一環として、抗アレルギー薬を処方される場合があります。

決してアレルギーを発症しないという薬ではないので、注意が必要です。

確かに炎症を防ぐ作用などがありますが、非常に弱いのでアレルギーを抑え込むにはいたりません。

食前に服用すると、ある程度症状を防いでくれる抗アレルギー薬(クロモグリク酸など)もあります。

しかし抗アレルギー薬を飲めば、かにを食べても大丈夫というわけではありません。

重篤な症状が心配される人は、医師に相談の上、指導内容を守って服用することが大切です。

 

残念ながら、みるみる症状が改善するような根本治療は難しいのが、かにアレルギーのようです。

基本は除去、症状や予防の必要性に応じて抗アレルギー薬の処方を受けるというのが、現在の治療法です。

 

 

 

 

(photo://www.ashinari.com/2013/02/28-376730.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

かにアレルギーの治療にはタンパク質の分解機能を改善しましょう

  かにアレルギーとは、かにやエビに含まれるトロポミオシンというタンパク質...

かにアレルギー治療のための食事制限

  かにアレルギーを治療するには、他の食物アレルギー同様、まずはアレルゲン...


免疫機能を正常に戻す効果あり?乳酸菌でかにアレルギー改善

  かにアレルギーに限らず、アレルギーは人体の免疫機能の暴走によって、無害...

かにアレルギーの治療は正しい検査から

「もしかしたら、かにアレルギーかも?」と気になったら、まずは病院で検査を受け...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る