カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 知っておきたい!ピーナッツアレルギーに多い症状!!治療の基本と応急処置

アレルギー

知っておきたい!ピーナッツアレルギーに多い症状!!治療の基本と応急処置

ピーナッツ(落花生)アレルギーが、こわいものだと知っていますか?

かゆくなるだけではありません。

 

アレルギー反応が急激に進行し、重度のショック症状を引き起すアナフィラキシーショックを引き起しやすい、ひじょうに危険な食物アレルギーなのです!

 

その危険性は、そばアレルギーと同程度の高さ。ほんのわずかなピーナッツの摂取が、命に関わることをつねに注意しなければならないのです。

 

アナフィラキシーショックを誘発

ピーナッツアレルギーは、そばアレルギーと同様に、アレルギー反応が全身におよぶ、重篤なショック症状アナフィラキシーショックを誘発しやすい危険なアレルギーに分類されます。

 

アナフィラキシーショックが発症すれば、呼吸困難や急激な血圧低下で、意識を失い、最悪の場合命の失うこともあるのです。

 

微量のピーナッツでも発症する?!

ピーナッツアレルギーは、ほんのわずかな量でも発症するリスクがあります。直接摂取するだけでなく、料理のアクセントや調味料に使われたわずかな量も危険となります。

 

製造過程でのわずかな混入でも危険

ピーナッツアレルギーは、製造過程においてわずかに混入しただけでも危険となります。

 

※コンタミネーション:調理器具が同一であるか、製造ラインが同じであるため落花生のかけらなどが混入してしまうことをコンタミネーションと呼びます。

 

カレーや調味料に使われているわずかな量も危険に

ピーナッツはお菓子や料理に使われているだけでなく、カレールウや調味料にもわずかながら使われています。前述のように、調味料のようなわずかな量でもアレルギー症状が発症することになってしまいます。

 

原材料を念入りに確認する

こうしたアレルギー症状の発症を抑えるためには、他の食物アレルギー以上の注意深さで原材料を念入りに確認し、製造過程で落花生が混入するコンタミネーションがないかどうかを確認することが重要となります。

 

実はピーナッツは、意外なほど食生活の各所に広く行き渡って使われている食材なのです。危険なアナフィラキシーを回避するためにもピーナッツの原材料表示を注意深く確認しなくてはいけません。

 

ピーナッツアレルギーに多い症状

ピーナッツの主な症状を、多い順に挙げていきます。

 

皮膚症状

もっとも多い症状です。じんましん・腫れ・赤みがあらわわれたり、かゆみを感じます。

皮膚症状がせまい範囲に限定され、徐々に治まるようなら、軽度ですむ可能性が高いです。

 

広範囲にじんましんや腫れが見られ、痛みやかゆみが強いなら、重とくな症状に進行する恐れがあります。急いで受診しましょう。

 

呼吸器症状

呼吸器症状が多いのが、ピーナッツアレルギーの特徴です。鼻炎や喉内側の腫れ、喘息が顕著に見られます。

 

また、普段から喘息があるなら、ピーナッツアレルギーをうたがってみてください。それほど、喘息とピーナッツアレルギーの関係が強いのではないかといわれています。

 

喉の内側の腫れは、最悪の場合、気道をふさいで窒息の危険もあります。以前にこのような症状が出た人は、万が一の事態に備えて、自己注射(エピペン)を携帯しておくことをおすすめします。

 

消化器・循環器症状

吐き気や強い腹痛、下痢が消化器症状の中心です。循環器症状では、血圧の低下や呼吸困難を伴い、顔色が青白くなることもあります。

 

これらの症状が起こる確率は高くありませんが、起こってしまった場合には、かなり強いアレルギー反応だといえます。注意深く経過を観察しつつ、病院へ急ぎましょう。

 

なお、ピーナッツアレルギーでは「即時型」という、食後や接触後すぐ、数十分~2時間以内に症状がでるケースがほとんどです。半日以内に出る症状としては、消化器症状が多いようです。

 

重篤な症状が起こりやすい!

欧米で多い

アメリカには150万人のピーナッツアレルギーを持つ人がいるといわれ、年間50~100人が亡くなっています。欧米を中心に最も多いアレルギーの1つです。

 

日本でもナッツ類を食べる習慣が定着し、ピーナッツアレルギーを発症する人が増えている、要注意の食物です。

 

重篤な症状が起こりやすい

ピーナッツアレルギー最大の特徴は、症状の強さです。アナフィラキシーで死亡する人全体に占めるピーナッツの割合は、かなり高くなっています。

 

海外では、重いピーナッツアレルギーの少女が、ピーナッツバターを食べたボーイフレンドとキスをして亡くなったという事例があります。

それだけ激しい症状を起こしやすい食物です。

 

発症年齢が低く、寛解しにくい

ピーナッツアレルギーの発症は5歳以下が多く、特に生後14~24か月以内に発症しやすいといわれます。

 

成長の過程で耐性を獲得する率は低く、大部分の人が成人後もアレルギー症状を呈します。

1度発症すると、長い付き合いを覚悟せざるを得ないアレルギーです。

 

接触だけ、殻だけでも症状が出る

口から摂取しなくても、触れるだけでじんましんなどの症状が強く出ます。また、ピーナッツの殻でも症状が出ます。殻に触れたり、殻の欠片や粉末を吸入するのも危険です。

 

本人も周りの人も気をつけて

落花生とはいわゆるピーナッツのことですが、ピーナッツは実は豆類であり、ナッツ類全てを除去しなけれならないということではありません。 やみくもに恐れることはありませんが、ピーナッツアレルギーの人は、本人も周囲の人も十分に注意してください。

 

ピーナッツ(落花生)アレルギー治療の基本

ピーナッツ(落花生)アレルギーの基本的な治療方法を挙げます。

 

除去

死亡の恐れもあるアナフィラキシーショックを起こしやすいピーナッツアレルギーは、まず除去して危険を遠ざけるのが基本です。

 

成長とともに寛解するタイプのアレルギーではなく、ほとんどのピーナッツアレルギーの人が耐性を獲得できません。したがって、除去が最も多く採られている治療法です。

 

抗ヒスタミン薬

ピーナッツアレルギーは、ピーナッツに含まれるヒスチジンという物質が、微生物によってヒスタミンを産生するというメカニズムで起こりやすいといわれます。

 

ヒスタミンとは、血管を拡張させて気管支を収縮させる作用があり、じんましんや喉の内側の腫れなどの反応が表れます。そこで、抗ヒスタミン薬の投与が効果的です。過去に強い症状が出た人は、常備しておきましょう。

 

ピーナッツアレルギーは、重症化のスピードが速いのが特徴です。症状が出たら、すぐに服用するのが望ましいでしょう。

 

体の調子を整える

アレルギーは免疫の過剰反応で起こります。遠回りなようですが、規則正しい生活を送り、自律神経を整えることが大切です。ストレスを溜めないようにする、早寝早起きを心がけましょう。

 

皮膚が過敏になりやすいので、体を清潔に保ち、肌の乾燥を防ぐのも効果的です。消化器の発達もアレルギー軽減に役立ちます。食物は慎重に選びつつ、できる範囲でバランスよい食生活を心がけてください。

 

アレルギーの状態を知るためにも、定期的な受診をお勧めします。

 

食べなくても危険!ピーナッツ(落花生)アレルギーの落とし穴

ピーナッツ(落花生)アレルギーは、食べなくても触れただけで症状が出る場合があります。そのため、全く予期しない場面でアレルギーに見舞われることも。

 

豆まき

一般的に節分の豆まきといえば、大豆です。

しかし北海道や千葉など一部の地域では、殻つきのピーナッツ(落花生)を使います。

また、幼稚園や保育施設では、殻つきのピーナッツをまくことも多いそうです。

 

ピーナッツの殻に触れただけでもアレルギー症状は起こりえます。

割れたり踏まれたりしたピーナッツの細かい欠片が舞い上がって、吸い込む可能性もあります。

 

子どもが通っている幼稚園・保育施設に問い合わせておきましょう。

 

保湿クリームなど美容アイテム

ピーナッツオイルは天然の保湿成分として高い効果があります。

ボディクリームやハンドクリームなど、肌ケアのアイテムに使われることがあるので、原材料には注意してください。

 

肌が敏感な人は、天然成分の石鹸やシャンプーを好んで使っているかもしれません。

ピーナッツオイル配合の石鹸・シャンプーも結構あります。

 

「低刺激シャンプー」をうたっているシャンプーには強い化学成分は使われていなくても、天然成分のピーナッツオイルは含まれている可能性があります。

 

「肌に優しい」成分が「アレルギーを起こさない」とは限りません。

また、天然のオイルを使ったマッサージも人気です。

ピーナッツオイルで手足をマッサージしたり、お風呂に数滴垂らして入浴する方法もあるそうですが、控えた方が安心でしょう。 

 

予期せずピーナッツに接触することもあります。日用品もチェックしておき、薬やエピペンなど万が一に備えましょう。

 

ピーナッツ(落花生)アレルギーの応急処置~エピペンとは何か?

アナフィラキシーショックという、激しいアレルギー症状を呈する率が高いピーナッツ(落花生)アレルギーに対しては、緊急用にエピペンという自己注射を携帯しておくことが勧められます。エピペンの基礎知識をまとめました。

 

【緊急補助治療】

エピペンは、食物アレルギーや蜂刺傷によるアナフィラキシーに備えるものです。

 

アナフィラキシーは、症状が出てから救急車をすぐに呼んでも、到着までに危険な状態に陥る可能性が高いため、その前に緊急に注射を打ちます。

 

【成分・値段】

成分は、気管支を拡張したり、血圧を上昇する作用をもつアドレナリン(エピネフリン)です。価格は1本1万円前後です。

 

【使用法・効果】

太ももの前内側に注射します。緊急時は衣服の上から打っても大丈夫です。

ショック状態が和らぎますが、効果は10~15分ほどしか続きません。あくまでも救急車が到着するまでのつなぎだと考えましょう。

 

ポイントは打つタイミング

「迷わずに打つ」これが大切です。

副作用よりも、使用のタイミングが遅れる方が恐ろしいといわれます。

 

特に呼吸困難など呼吸器の症状が出たり、顔面が蒼白になっているようなら、すぐに打ちましょう。

症状が出たら即打てるよう、常に携帯するのが原則です。

 

誰が打つか

自分で打てればいいのですが、子どもや、大人でもショック症状が強くて自分では打てない場合は、周りの人に打ってもらいます。家族・救急救命士、保育士、教職員も打てます。

 

注射は医療行為ですが、緊急を要するケースなので、医師免許なしでの注射も特例として認められています。

 

エピペンの使用には、本人と周囲の知識と準備が必要です。

誰に頼むかなど事前に相談し、万が一の事態にはスムーズに使用できるようにしましょう。

 

ピーナッツ(落花生)アレルギーは、他のナッツにも要注意!

ピーナッツ(落花生)アレルギーだと解ったら、他のナッツ類についても注意しなくてはなりません。

 

交差反応

ピーナッツに含まれるアレルゲン(原因物質)対してアレルギーを起こす場合、ピーナッツ以外にも、そのアレルゲンと似た成分を持つ食品にもアレルギー反応が出ることがあります。これが交差反応です。

 

ピーナッツアレルギーの25~50%の人が、他のナッツでもアレルギー症状を呈するといわれます。

 

<注意を要するナッツ類>

ピーナッツはマメ科落花生属の植物ですが、異なる科に属するナッツにも広く交差反応が起こります。

 

◆要注意ナッツ類◆

アーモンド・マカデミアナッツ・カシューナッツ・くるみ・ピスタチオ・ブラジルナッツなど。

 

特にカシューナッツとピスタチオは激しい症状に至るケースが多いので、気を付けましょう。くるみもアレルギーを起こしやすいナッツ類です。ピーナッツアレルギーがあるなら、これらのナッツ類も警戒しましょう。

 

マメ科に対する交差反応は不明!

ピーナッツはマメ科に属するため、他のマメ科植物にはピーナッツと似たタンパク質が含まれています。しかし、ピーナッツアレルギーの人が他のマメ科植物でアレルギー反応が出るとは限らないそうです。

 

マメ科の植物でアレルギーが多いのは大豆です。ピーナッツアレルギーと大豆アレルギーの相関関係は不明で、ピーナッツアレルギーだから即、大豆も除去すべきとはいえません。

 

ただ、同じマメ科ということを念頭に置き、検査でハッキリさせると良いでしょう。

ナッツ類のアレルギーは、どれも症状が重い傾向にあります。医師に相談するのが安心です。

 

落花生(ピーナッツ)で起こりやすい口腔アレルギー症候群とは

落花生による発症例が多い、「口腔アレルギー症候群」についてご説明します。

 

口周辺に出るアレルギー症状

口腔アレルギー症候群は、アレルゲンの食物を食べてから15分以内に口を中心に症状が出るのが特徴です。主に、唇が腫れて赤くなる、口の周りに湿疹ができる、舌がピリピリする、喉の奥に違和感があり痒くなるといった異変が生じます。

 

原因食物

野菜や果物が中心です。リンゴ・モモ・洋ナシ・アンズ・イチゴ・セロリ・キウイ・メロン・オレンジ・バナナ・メロン・にんじんなど多岐にわたります。中でもピーナッツは、発症例の多い食物です。

 

同じナッツ類では、ヘーゼルナッツ・アーモンド・クルミも要注意です。

 

重症化する可能性もある

口腔アレルギーの大半は口周辺の症状にとどまり、時間の経過とともに和らぎます。

 

しかし、目や鼻にも症状が出たり、全身のじんましん・喘息・吐き気も併発するアナフィラキシーショックに至ることもあり、油断はできません。特にピーナッツは、アナフィラキシーショックによる死亡が多い食物です。

 

花粉症との関連

スギ・ヒノキ科、イネ科、キク科など花粉症の原因になる植物と、口腔アレルギーを発症する食物には共通の成分が含まれています。そのため、花粉症で口の周辺のみに症状が出る人は、食物による口腔アレルギーも発症する可能性があります。

 

アレルギー症状が口・口腔内の狭い範囲に限られているからといって油断せず、全身症状も併発しないか、経過観察が欠かせません。

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食物アレルギーに関する記事

牛乳アレルギーに多い症状って何?適切に対処するポイントと乳幼児への対応

牛乳や乳製品などの食物をメインで起こしやすいアレルギーには実に様々な症状があ...

こんなアレルギーもあります 寒暖差アレルギーや大人と子供のアレルギーの違いなど

■食物アレルギーは誤解や勘違いの多い病気でもあります。 特に多いのが食中毒...


除去食と代替食の違いって?食物アレルギーへの耐性をつけるには?除去のポイントは?

食物アレルギーの治療の基本となっているのが除去食です。 原因となる食物を取...

大人も多い食物アレルギー!えびアレルギーの症状や注意まとめ

えびアレルギーは比較的大人でもよく見られる食物アレルギー。一般的には甲殻類ア...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る