カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 落花生(ピーナッツ) >
  5. 症状 >
  6. 知っておきたい!ピーナッツアレルギーに多い症状!!

アレルギー

知っておきたい!ピーナッツアレルギーに多い症状!!

 

ピーナッツ(落花生)アレルギーが、こわいものだと知っていますか?

 

かゆくなるだけではありません。

アレルギー反応が急激に進行し、重度のショック症状を引き起すアナフィラキシーショックを引き起しやすい、ひじょうに危険な食物アレルギーなのです!

 

その危険性は、そばアレルギーと同程度の高さ。ほんのわずかなピーナッツの摂取が、命に関わることをつねに注意しなければならないのです。

 

アナフィラキシーショックを誘発

ピーナッツアレルギーは、そばアレルギーと同様に、アレルギー反応が全身におよぶ、重篤なショック症状アナフィラキシーショックを誘発しやすい危険なアレルギーに分類されます。

 

アナフィラキシーショックが発症すれば、呼吸困難や急激な血圧低下で、意識を失い、最悪の場合命の失うこともあるのです。

 

微量のピーナッツでも発症する?!

ピーナッツアレルギーは、ほんのわずかな量でも発症するリスクがあります。直接摂取するだけでなく、料理のアクセントや調味料に使われたわずかな量も危険となります。

 

製造過程でのわずかな混入でも危険

ピーナッツアレルギーは、製造過程においてわずかに混入しただけでも危険となります。

※コンタミネーション:調理器具が同一であるか、製造ラインが同じであるため落花生のかけらなどが混入してしまうことをコンタミネーションと呼びます。

 

カレーや調味料に使われているわずかな量も危険に

ピーナッツはお菓子や料理に使われているだけでなく、カレールウや調味料にもわずかながら使われています。前述のように、調味料のようなわずかな量でもアレルギー症状が発症することになってしまいます。

 

原材料を念入りに確認する

こうしたアレルギー症状の発症を抑えるためには、他の食物アレルギー以上の注意深さで原材料を念入りに確認し、製造過程で落花生が混入するコンタミネーションがないかどうかを確認することが重要となります。

 

実はピーナッツは、意外なほど食生活の各所に広く行き渡って使われている食材なのです。危険なアナフィラキシーを回避するためにもピーナッツの原材料表示を注意深く確認しなくてはいけません。

 

ピーナッツアレルギーに多い症状

 

ピーナッツの主な症状を、多い順に挙げていきます。

 

皮膚症状

もっとも多い症状です。じんましん・腫れ・赤みがあらわわれたり、かゆみを感じます。 

皮膚症状がせまい範囲に限定され、徐々に治まるようなら、軽度ですむ可能性が高いです。

 

広範囲にじんましんや腫れが見られ、痛みやかゆみが強いなら、重とくな症状に進行する恐れがあります。急いで受診しましょう。

 

呼吸器症状

呼吸器症状が多いのが、ピーナッツアレルギーの特徴です。鼻炎や喉内側の腫れ、喘息が顕著に見られます。

 

また、普段から喘息があるなら、ピーナッツアレルギーをうたがってみてください。それほど、喘息とピーナッツアレルギーの関係が強いのではないかといわれています。

 

喉の内側の腫れは、最悪の場合、気道をふさいで窒息の危険もあります。以前にこのような症状が出た人は、万が一の事態に備えて、自己注射(エピペン)を携帯しておくことをおすすめします。

 

消化器・循環器症状

吐き気や強い腹痛、下痢が消化器症状の中心です。循環器症状では、血圧の低下や呼吸困難を伴い、顔色が青白くなることもあります。

 

これらの症状が起こる確率は高くありませんが、起こってしまった場合には、かなり強いアレルギー反応だといえます。注意深く経過を観察しつつ、病院へ急ぎましょう。

 

なお、ピーナッツアレルギーでは「即時型」という、食後や接触後すぐ、数十分~2時間以内に症状がでるケースがほとんどです。半日以内に出る症状としては、消化器症状が多いようです。

 

重篤な症状が起こりやすい!

 

欧米で多い

アメリカには150万人のピーナッツアレルギーを持つ人がいるといわれ、年間50~100人が亡くなっています。欧米を中心に最も多いアレルギーの1つです。

日本でもナッツ類を食べる習慣が定着し、ピーナッツアレルギーを発症する人が増えている、要注意の食物です。

 

重篤な症状が起こりやすい

ピーナッツアレルギー最大の特徴は、症状の強さです。アナフィラキシーで死亡する人全体に占めるピーナッツの割合は、かなり高くなっています。

海外では、重いピーナッツアレルギーの少女が、ピーナッツバターを食べたボーイフレンドとキスをして亡くなったという事例があります。

それだけ激しい症状を起こしやすい食物です。

 

発症年齢が低く、寛解しにくい

ピーナッツアレルギーの発症は5歳以下が多く、特に生後14~24か月以内に発症しやすいといわれます。

成長の過程で耐性を獲得する率は低く、大部分の人が成人後もアレルギー症状を呈します。

1度発症すると、長い付き合いを覚悟せざるを得ないアレルギーです。

 

接触だけ、殻だけでも症状が出る

口から摂取しなくても、触れるだけでじんましんなどの症状が強く出ます。また、ピーナッツの殻でも症状が出ます。殻に触れたり、殻の欠片や粉末を吸入するのも危険です。

 

本人も周りの人も気をつけて

落花生とはいわゆるピーナッツのことですが、ピーナッツは実は豆類であり、ナッツ類全てを除去しなけれならないということではありません。 やみくもに恐れることはありませんが、ピーナッツアレルギーの人は、本人も周囲の人も十分に注意してください。

 

(photo://www.ashinari.com/2009/01/29-013094.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

落花生(ピーナッツ)で起こりやすい口腔アレルギー症候群とは

落花生による発症例が多い、「口腔アレルギー症候群」についてご説明します。   ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る