カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 落花生(ピーナッツ) >
  5. 対処法・応急処置 >
  6. 知っておこう!ピーナッツ(落花生)アレルギーの応急処置

アレルギー

知っておこう!ピーナッツ(落花生)アレルギーの応急処置

 

覚えておきたい、ピーナッツ(落花生)アレルギーの応急処置についてまとめました。

 

まずはピーナッツを遠ざける

アレルゲンの摂取量が多ければ多いほど、接触している時間が長ければ長いほど、強い症状が出ます。

もし食べている最中に症状が出始めたら、口の中に入っているピーナッツを吐き出して、口の中をゆすぎましょう。

吐き気があるなら、我慢せずに胃の中のピーナッツを吐き出してしまいましょう。

ピーナッツは殻に触れただけでもアレルギーを発症することがあります。

手を洗うのも応急処置の1つです。

体を楽にする

嘔吐や腹痛などについては、通常の応急処置と同様です。ベルトや体を締め付けるものがあれば緩めます。

吐しゃ物が気道をふさがないよう、上手く吐き出せるような体勢をとるか、周りの人が口の中のものを掻き出してあげても良いでしょう。

喉の内側が腫れると、呼吸が困難になります。

救急車を要請するほど重症なら、気道を確保して人工呼吸が必要です。

消防署などで定期的に開かれている救命救急の講習会に参加すれば、いざという時に役立ちます。

 

どのような場合に病院へ行くか

複数の症状が激しく出現するようなら、救急車を呼ぶべきです。

ほかにも意識障害、呼吸困難を起こしていたり、顔面が蒼白になっているようなら、急いで受診しましょう。

抗ヒスタミン薬などを持っているなら、すぐに服用します。

また、アナフィラキシーのような重篤な状態に至らなくても、受診しておくと安心です。

じんましんなどの症状が消えないうちに診てもらった方が良いので、できるだけ早く病院へ行きましょう。

 

 

ピーナッツアレルギーへの対処は、スピードが命です。普段から万が一の場合を想定しておきたいですね。

 

 

 

 

(photo://www.ashinari.com/2013/01/31-375836.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法・応急処置に関する記事

アナフィラキシー発作には迅速な搬送を

  急激なショック症状で命を危険にさらすアナフィラキシーショックになりやすい落...

落花生アレルギーの子供のために、親も食事制限を!

  落花生アレルギーとなった子供にピーナッツの食事制限をさせることは当然で...


規則正しい生活を子供に送らせる!落花生アレルギーの予防と対策

落花生アレルギーは子供にも多い食物アレルギーですが、子供自身が行えるアレルギ...

ピーナッツ(落花生)アレルギーの応急処置~エピペンとは何か?

アナフィラキシーショックという、激しいアレルギー症状を呈する率が高いピーナッ...

カラダノートひろば

対処法・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る