カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 落花生(ピーナッツ) >
  5. 注意点 >
  6. 食べなくても危険!ピーナッツ(落花生)アレルギーの落とし穴

アレルギー

食べなくても危険!ピーナッツ(落花生)アレルギーの落とし穴

ピーナッツ(落花生)アレルギーは、食べなくても触れただけで症状が出る場合があります。そのため、全く予期しない場面でアレルギーに見舞われることも。

 

 

・豆まき

一般的に節分の豆まきといえば、大豆です。

しかし北海道や千葉など一部の地域では、殻つきのピーナッツ(落花生)を使います。

また、幼稚園や保育施設では、殻つきのピーナッツをまくことも多いそうです。

 

ピーナッツの殻に触れただけでもアレルギー症状は起こりえます。

割れたり踏まれたりしたピーナッツの細かい欠片が舞い上がって、吸い込む可能性もあります。

子どもが通っている幼稚園・保育施設に問い合わせておきましょう。

 

 

・保湿クリームなど美容アイテム

ピーナッツオイルは天然の保湿成分として高い効果があります。

ボディクリームやハンドクリームなど、肌ケアのアイテムに使われることがあるので、原材料には注意してください。

肌が敏感な人は、天然成分の石鹸やシャンプーを好んで使っているかもしれません。

ピーナッツオイル配合の石鹸・シャンプーも結構あります。

 

「低刺激シャンプー」をうたっているシャンプーには強い化学成分は使われていなくても、天然成分のピーナッツオイルは含まれている可能性があります。

「肌に優しい」成分が「アレルギーを起こさない」とは限りません。

 

また、天然のオイルを使ったマッサージも人気です。

ピーナッツオイルで手足をマッサージしたり、お風呂に数滴垂らして入浴する方法もあるそうですが、控えた方が安心でしょう。

 

予期せずピーナッツに接触することもあります。日用品もチェックしておき、薬やエピペンなど万が一に備えましょう。

 

 

 

(photo://www.ashinari.com/2012/01/17-355993.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

落花生アレルギーにお菓子は天敵

  落花生アレルギーの落花生とはいわゆるピーナッツのことです。 ピーナッツ...

覚えよう!落花生(ピーナッツ)アレルギーの注意喚起表示

  ピーナッツ(落花生)が原材料に含まれていない加工品なのに、ピーナッツに...


ピーナッツ(落花生)アレルギーは、他のナッツにも要注意!

ピーナッツ(落花生)アレルギーだと解ったら、他のナッツ類についても注意しなくて...

ピーナッツ(落花生)?それとも金属アレルギー?見分けるには?

  これってピーナッツ(落花生)アレルギー?金属アレルギー?見分けるにはど...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る