カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 牛乳・乳 >
  5. 除去食 >
  6. 牛乳・乳アレルギーでもカルシウムを補給できる食品

アレルギー

牛乳・乳アレルギーでもカルシウムを補給できる食品

 

牛乳・乳アレルギーの除去食を行う際、カルシウムをどうやって補給するかというのが難しいポイントです。乳製品以外で、カルシウムの含有量が多い食品をご紹介します。

 

魚介類

特に丸ごと食べられる小魚には、カルシウムがたっぷり。タンパク質も同時に摂取できるので、毎日の食生活に積極的に摂り入れたい食材です。

 

カルシウム豊富な野菜

意外にも、野菜にはカルシウムが多く含まれているものがあります。

その代表格は小松菜100gあたりのカルシウム含有量が170mgと、ずば抜けています。

免疫力を高めたり、皮膚や粘膜を保護するビタミンAも豊富です。捨ててしまいがちなカブや大根の葉も、カルシウムの補給源です。

サッと固ゆでしたカブや大根の葉を細かく刻み、じゃこと合わせて炒めれば、カルシウムいっぱいのふりかけになります。

 

乾物も活用

栄養がギュッと凝縮されている乾物は、カルシウムも詰まっています。切り干し大根はカルシウムがギッシリ。鉄分も豊富な優秀食品です。

大豆アレルギーがないなら、高野豆腐もお勧めです。消化が良く、タンパク質と適度な脂肪が体の成長を助けてくれます。

 

もう1つ注目したいのは、干シイタケ干シイタケのビタミンDがカルシウムの吸収を促進します。天日干しのシイタケでないと効果がありません。

市販のものは熱乾燥の場合も多いので、調理前に1時間ほど天日干しするとビタミンD量がアップします。

 

カルシウムが多い食品を知っていれば、カルシウム不足の心配も軽減します。

これらの食品は、カルシウム以外の栄養素もたっぷり。

アレルギーでなくても、家族みんなで食べたいものばかりです。

 

 

 

(photo://www.ashinari.com/2011/11/28-354032.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

除去食に関する記事

牛乳・乳アレルギーでもOK?これって乳成分?紛らわしい成分

牛乳・乳アレルギーに注意して買い物をする際には、原材料表示をすみずみまでチェ...

牛乳・乳アレルギーで気を付けたい乳製品

  加工食品には、牛乳を原材料にした乳製品がたくさんあります。 牛乳・乳...


牛乳の加工の仕方によって違う!?牛乳を除去する時のポイントは?

    牛乳で食物アレルギーを起こす主なタンパク質成分は、カゼイン、αラクト...

牛乳・乳アレルギーは豆乳・大豆製品で代用

  牛乳・乳アレルギーの代替食で便利なのが、大豆・豆乳です。かなりの乳製品...

カラダノートひろば

除去食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る