カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. 幼児食の時期っていつ?どのように食べさせれば良い?

育児・子供の病気

幼児食の時期っていつ?どのように食べさせれば良い?

 

離乳食が完了すると、次のステップとして幼児食が始まります。

幼児食のスタートの目安は奥歯が生え始める頃で、歯の生えそろう3歳頃までが幼児食の時期になります。

幼児食時期は自分でスプーンやフォークを使って食事をするので、汚される事を拒んでやらせないのではなく、汚されてもいいものを着せたり、床に新聞紙などを敷いて、1人で食べさせてあげましょう。

 

噛む事の大切さ

よく噛んで食べることは頭の働きを良くする、消化吸収を助けると言われています。離乳食時期よりも噛む事が上手になっているので、よく噛む必要のあるもの」を与えたいものです。

また偏食にならないように幼児のための特別食を作らないようにしましょう。

辛いものや味の濃いものはさけつつ、幼児にも大人と同じ食事をあたえるべきです。 

 

食事を思うようにしてもらえない時

せっかく用意した料理を食べてもらえない時、ついつい無理に食べさせようをしてしまいがちになりますが、それは逆効果です。

食べる事を強要するとますます食事を拒否してしまいます。

そんな時は、以下のことをしてみましょう。

 

・先に食べている所をみせ美味しさをアピールする

・食べた事を褒める

 

以上のことをし、食事に興味を持たせると言う事がカギになります。

また一緒に家庭菜園や料理をする事で食材の対しての特別感が生まれることでしょう。

自分の育てた野菜や果物に対して愛着がわき、食べ物の大切さを学ぶ良いきっかけにもなります。

 

この時期から年齢にあった食事のマナーをしつけることも大切です。 

好き嫌いも出てくると思うので、日頃からバランスのよいメニューを心がけましょう。 

 

 (photo by //www.ashinari.com/2009/02/23-014441.php ) 

著者: おのてふさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

幼児食に関する記事

お弁当の果物、酸化させたくない!バナナとリンゴの酸化防止術☆果物が参加する理由は○○だった

お子さんのお弁当に果物を入れる時、どうしても酸化してしまうことが気になりますよ...

大人が飲んでいるサプリメント、子どもに飲ませるのはOK?NG?子どもへの悪影響とは

大人で足りない栄養を補うために、サプリメントを飲む人はいると思います。その中...

幼児食の体験談

美味しい手作りおやつ!

子どものおやつって、悩みませんか? 小さい時は、朝の10時におやつ、15時におやつ、と規則正しいリ...

ズボラでも簡単、スープジャーでおやつ作り

スープジャーで離乳期から幼児期、大人まで食べられる 暑い時期におすすめの簡単おやつをご紹介します。...

カラダノートひろば

幼児食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る