カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 治療 >
  4. 授乳中に頭痛がある時、どうすればいいの?

頭痛

授乳中に頭痛がある時、どうすればいいの?

妊娠中や授乳中に飲んではいけない薬も多くあります。

 

頭痛薬と授乳

産後は骨盤のゆがみなどから頭痛が起きやすいです。また、子育てでストレスを感じて緊張性頭痛を起こしてしまうお母さんも少なくはありません。

 

そんな時だからこそ頭痛薬を使用したいところですが、授乳中に服用することができる薬は多くありません。市販薬のほとんどは妊娠中、授乳中を避けることと書かれています。子どもに影響を与えないためにも妊娠中、授乳中は避けると書かれている薬は飲まないでください。

 

アセトアミノフェンが配合されているタイプの薬は、授乳中でもOKという場合が多いです。 

 

薬以外で頭痛を治す

薬以外で頭痛を治すことも考えてみてください。例えば骨盤のゆがみを戻す体操をしてみるのもひとつの方法ですし、肩こりや首こりを避ける体勢を取るのも良いでしょう。

 

日常生活の中で簡単に出来そうなことから選んで、いくつかやってみるとよいかもしれません。 

 

耐えられない時は病院へ

あまりにも頭痛がひどいとき、頭痛によって子どもの相手をするのも大変な時は病院へ行ってください。もしかすると二次性頭痛で、背後に何らかの病気が隠れているかもしれません。そうでない場合は処方薬で対処することとなります。

 

いずれにしても、無理なく子育てをするために、病院に行くことを我慢しすぎないことが大切です。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

頭痛で医者にかかるときの注意点

  頭痛の治療・診断は、問診を元にした判断による部分が大きいです。 そのため、...

お医者さんに頭痛を説明するには? 生活習慣や環境について

    頭痛で病院いった時にされる生活習慣や環境についての質問です。   1. ...


頭痛外来ってどんなところ?

頭痛は3人に1人くらいは体験している症状です。それだけに特に病院などには行か...

頭痛に使用される薬

頭痛は大きく分けて片頭痛・緊張性頭痛・群発頭痛に分類されますが、主に薬物治療が...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る