カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. ボーエン病 >
  5. 皮膚のがん、ボーエン病とは?

気になる病気・症状

皮膚のがん、ボーエン病とは?

 

皮膚のがん、ボーエン病とは?

 

 

ボーエン病とは?

皮膚内に癌ができてしまう病気です。繁殖が表皮内だけに留まっているので表皮内癌と呼ばれています。

癌が真皮に及んでいない場合は、それ以上転移することはなく、手術で切除してしまえは、ほぼ完治してしまう病気です。

 

 

ボーエン病の原因とは?

ボーエン病の原因は紫外線やウイルスだと考えられています。

これはボーエン病の症状が肌が常に露出している場所に多く見られるためで、はっきりとした原因の解明はされていません。

 

 

ボーエン病だと診断されたら?

ボーエン病と診断されたら、手術による摘出が行われます。

手術箇所が小さいのであれば摘出した後、皮膚を直接縫い合わせることができますが、病変が大きいものだと直接縫い合わせることができないので、植皮術などを取り入れなくてはならなくなります。

 

 

自分で症状から判断するには?

ボーエン病は手足や胸など比較的露出している部分に多くできます。

特徴としては痒みを伴わない赤黒いシミみたいなものが、徐々に大きくなっていったらボーエン病を疑ってみましょう。

かさぶたのような状態になることもありますので、気になり始めたら病院(皮膚科)を受診してボーエン病であるか、診断を受けるようにしましょう。

病変が小さいうちならば手術で取り除くことも簡単ですし、跡も目立ちにくくなります。

病変が大きくなり症状が進んで、真皮に癌細胞が入り込んでしまうと、多発性になってしまったり、内蔵組織の癌として転移、合併症を引き起こすこともあります

 

高齢者に多い病気なので、高齢者に良く見られるシミなどと同様だと間違えないよう、早期に受診することをお勧めします。

 

 

 

 

(Photo by://www.pakutaso.com/201107photo306post-841.html )

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ボーエン病に関する記事

皮膚癌の一歩前? ~ボーエン病

  皮膚癌の種類は様々ですが、日光が原因のものが多くあります。 また、そ...

ボーエン病での手術の特徴と術後処置

  ボーエン病とは皮膚がんに移行する可能性の高い皮膚病です。ボーエン病は表皮内...


ボーエン病にかかりやすい人の特徴と間違われやすい病気

  数多くの病気でかかりやすい年齢、好発年齢もしくはかかりやすい性別があります...

カラダノートひろば

ボーエン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る