カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 掌蹠膿疱症 >
  5. 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の原因は金属アレルギー?!

気になる病気・症状

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の原因は金属アレルギー?!

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは、皮膚科特定疾患に指定されている、難治性の疾患です。

症状は手の平や足の裏などに痛みや痒みを伴う水疱ができるものです。

水疱が出来る→水疱が破けて皮膚が剥ける→赤くただれる→乾燥して皮膚が裂ける→出血→水疱ができるということが繰り返されます。

 

酷い痒みと痛みで足まで症状が出ていると歩けなくなったり、手足の爪が剥がれ落ちてなくなってしまったりという酷い状態になってしまいます。

 

しかし通常、これらの症状が酷くなる前に病院(皮膚科)を受診しますが、初期段階の症状ではとびひやかぶれ、アレルギー性皮膚炎と診断されてしまうことが多いようです。

薬を処方してもらい、服用したり塗り薬を塗ったりしても一向に症状が改善されず、何年もかかって何度も病院を変え、やっと掌蹠膿疱症であると診断されることが多いようです。

 

 

掌蹠膿疱症は治らないけど死なない病気と言われています。

しかしこのように酷い症状を抱えたまま一生を過ごすのはあまりにも辛いことです。

掌蹠膿疱症自体の特効薬などはありませんし治療法も確立されてはいませんが、原因が金属アレルギーであることが多い病気なので、それらを改善することによって症状が良くなり、ほぼ完治することもあるようです。

 

もともと金属アレルギーであった人の症状が酷くなった状態と考えてもいいかもしれません。

しかし金属アレルギーは、金属が肌に触れることによって皮膚が炎症を起こすものです。

対してこの掌蹠膿疱症は金属が体の中に溶けて入り込んだことにより、これらの症状を引き起こすとされています。

 

 

つまり金属が体内に入るのを止めるということで、一番考えられることは、歯の治療で行われる金や銀の詰め物を全てセラミックなどの詰め物に変えるということです。

歯の治療で行われている金属製の詰め物やブリッチなどは、唾液によって溶かされ口から体内に微量なりとも入り込んでいる可能性があるのです。

ですからそれらの金属を全て取り除くことで体内へ金属が入り込むことを防ぐことが出来、結果掌蹠膿疱症の症状が改善されたということもあるようなのです。

 

 

掌蹠膿疱症の原因は金属だけでなく、未だ解明されていない部分も多くあります。

様々なアレルギーや感染など原因となりそうなものをひとつずつ消していって、掌蹠膿疱症の原因となっているものを突き止めなくてはなりません

 

それにはかなりの時間を要することになりますが、主治医の先生と話し合い一日でも早く症状が改善されるよう、努力していきましょう。

 

 

 

(Photo by://www.pakutaso.com/201210photo159post-1559.html )

 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

掌蹠膿疱症に関する記事

ビオチン欠乏から自己免疫疾患が発症?!『ビオチン療法』とは

ビオチンは、近年『掌蹠膿疱症』を治療できる物質として、実際にクリニックで処方薬...

妊娠中に強いかゆみを伴う水疱ができたら?

妊娠中は、胎児の排出する毒素を胎盤を通して母体が受け取り、処理していかなけれ...


掌蹠膿疱症の漢方治療

  とても厄介な皮膚病である掌蹠膿疱症をご存じでしょうか?掌蹠膿疱症とは手...

掌蹠膿疱症性骨関節炎とは

  非常に難しい漢字ですが、手のひらや足裏に無菌性の水ぶくれができる病気、...

カラダノートひろば

掌蹠膿疱症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る