カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

女性のカラダの悩み

生理痛の腹痛 その原因とは?

 

生理痛の代表である、腹痛。女性の多くはこの腹痛に悩まされていることでしょう。

 

生理痛だから仕方ないと諦めないで、その原因を知ることで症状を少しでも緩和できるようにしましょう。

生理痛の多くは目に見える異常がないのにその症状が現れるというものです。

これは、子宮収縮ホルモンや子宮口の狭さ、心理的原因などが考えられます。

 

 

子宮の収縮ホルモンが関係

子宮が収縮されるのは、プロスタグランジンという物質が分泌されているためで、生理中はこの物質の分泌が過剰になり、収縮活動も活発になるために、腹痛が起きます

プロスタグランジンの分泌は子宮内膜が剥がれ落ちるという月経現象そのものです。

しかし、この物質が分泌される量というのは人それぞれ違うもので、それによって生理痛の程度も違ってくるのです。

この分泌の量の違いは体質などが影響されているといわれており、はっきりとしたことはわかっていません。

 

 

子宮口の狭さが関係

子宮口は狭い構造になっています。

これによって月経で剥がれ落ちた内膜、つまり生理による出血がスムーズに出にくくなっているのです。

しかし生理では出血します。

なかなか外に血液が排出されなかったり、排出される時に狭い子宮口を通ることで痛みが伴ったりするために、腹痛として感じられるようになるのです。

出産後に生理痛が軽減するのは、この子宮口が一度出産したことで広がり、血が排出されやすくなるためです。

 

 

心理的原因が関係

病は気から」という言葉がありますが、この代表ともいえるのが、この生理痛です。

生理中というのはイライラしたり、精神的に不安定になったりするものです。

それはホルモンが関係していることや、生理痛による体の不調などが原因であり、直接的な疾患があるわけではないということが、心理的原因が関係している一番の理由でしょう。

 

生理痛だからといってあまり神経質にならないようにしましょう

ストレスを溜め込んだり、生活の乱れなどが影響してしまうので、ストレスを溜め込まないようにして、食生活や生活バランスを整えるようにしましょう。

特に便秘と生理痛が合わさると、腸にたまった排出物が子宮を圧迫し、子宮の収縮も伴って更なる痛みを生み出してしまいます。

 

バランスのとれた食事と適度な運動で便秘を解消し、ストレスフリーな生活を心がけるようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by://www.pakutaso.com/201200photo320post-2129.html )

 

 

 

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹痛に関する記事

生理中の腹痛には運動が有効だった!生理痛を緩和しよう!

  生理中の胃が重くなるような腹痛、薬を飲んでもなかなかすっきりせず辛い思いを...

生理の終わりかけ…この症状ってなに?!生理後半に起こる症状とその原因!ただし注意も!

生理前や生理中に体調が悪くなる女性は多いでしょう。 一方で、生理の終わりか...


生理初日・2日目の腹痛は普通なの?生理中の体の変化はどうなってる?

  生理痛は通常生理初日から二日目と言われています。 また、生理中に腹痛...

生理痛を楽にする!生理中のツライ腹痛を和らげる体勢

「生理になるとお腹が痛くなる…。つらい。」   生理中は、お腹の痛みで悩...

カラダノートひろば

腹痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る