カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 椎間板ヘルニアの原因を知っていますか?

関節痛・腰痛

椎間板ヘルニアの原因を知っていますか?

 

そもそも椎間板とは、中心がゼリーの様な柔らかい髄核で、繊維輪が囲むような形状をしています。
その椎間板が何らかの衝撃によって繊維輪が破れ(又は膨れる)、髄核が外に飛び出て炎症を起こします。
そして飛び出た(又は膨れた)髄核が神経等を圧迫し痛みを伴います。

 

本来、椎間板は骨と骨のクッションの役目をしています。
そのクッションは80%の水分で構成されていますので、長年の圧力や日常の動作等によりクッションへの負担が重くなりヘルニアを起こすのです。

 

●椎間板ヘルニアの主な原因●


日常生活の姿勢や動作椎間板や骨の老化があげられます。

 

*日常生活において注意しないといけない動作って?

・重たい荷物を中腰で抱える、運ぶ
・体をひねるような動作
・腰に負担のかかる運動

 

現代人の多くは運動不足等により、骨盤に歪みが生じて、背骨の本来あるべき姿(横から見るとS字湾曲)が正常ではなくなってしまいます。


この背骨のS字の湾曲は、体の圧力を分散させる役目があるため、正常ではなくなったS字湾曲の背骨には、上記の動作が椎間板ヘルニアの引き金になりやすくなっています。

  

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/02/15-013930.php?category=52 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

風邪で寝たきりになる事が腰痛になる一番の原因?

風邪を引くと、同時に腰痛にも悩まされるということはありませんか。   ひどい風...

職業病でもある腱鞘炎の原因とは?

  時代の流れにより社会も大きく変化し、それと同時に色々な仕事の業務内容も...


関節を損傷することで発生する関節痛!その原因と症状について

  関節に痛みを感じる最もスタンダードなケースが、関節を何らかの原因で損傷...

風邪のウィルスへの免疫で発生する関節痛

  風邪などのウィルスに感染することが、関節痛の症状を引き起す引き金となる...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る