カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 基礎知識 >
  5. あなたは本当に大丈夫?摂食障害はどんな人がなりやすい?拒食・過食になりやすい人

メンタル

あなたは本当に大丈夫?摂食障害はどんな人がなりやすい?拒食・過食になりやすい人

%E6%91%82%E9%A3%9F%EF%BC%94.jpg

多くの人がやせたい!と思っているのではないでしょうか。接食障害の人が多くなる原因とも言われています。しかしなりやすい人、というのが浮かび上がってきているのも事実です。摂食障害に「なりやすい人」と「なりにくい人」について見ていきましょう。

 

今の日本は摂食障害になりやすい環境

今では、多くの日本人女性が「痩せたい」と思ってますし、小学生ですらダイエットする時代です。医学的には「標準」という体重の人や、むしろ「やせ」の人ですら、自分のことを太っていると思い、やせようとします。

そのこと自体も大変問題ですし、栄養についての正しい教育は緊急の課題だと思います。

そして、みんなの関心が「やせる」ことに向いている環境が、摂食障害という病気の増加に繋がっていることは間違いないと思います。

 

やせたい!全ての人が摂食障害になるわけではない

しかし、その一方でそんな時代に生きる人のすべてが摂食障害になっているわけでないことも事実です。リスクはとても高い時代ですが、やはり摂食障害に「なりやすい人」と「なりにくい人」はいます。

どういう人がなりやすいのか、以下で見ていきましょう。

 

「拒食」になりやすい人

「拒食」の要素を生み出しやすい人は、基本的に不安が強い人です。

もともと努力家ですので、強い不安を感じなくてすむ状況であれば「しっかりした人」「きちんとした人」として機能します。でも、自分のルールが崩れてしまうような状況においては、まるで遭難しているような強い不安を感じますので、「拒食」に向かいやすくなります。

 

不安の強さは対人関係面にも表れます。「拒食」になる人は、もともとひとりで努力するタイプなのですが、これには2つの要素があります。

ひとつは「マイペースでやりたい」という要素、もうひとつは「とても人を巻き込むことなんてできない」という要素です。

つまり、自分というものをかなりしっかえい持っていると同時に、自己主張は苦手なのです。この2つが矛盾なく共存できる(努力すれば報われる、良い子にしていればほめられる)環境であれば、問題は生じません。

 

しかし、もっと複雑な環境になってくると、この2つの性質は、両立させることそのものが苦しくなります。「自分は○○しないと不安だ」という気持ちが強くあるのに、「○○したい」と言えないからです。その苦しさが、病気に繋がっていくと考えられます。

 

「過食」になりやすい人

「拒食」が「それまでのやり方ではうまくいかなくなる」中で起こってくるのに対して、「過食」は、自分を嫌いだと思う気持ちが蓄積されたところに、ふとしたきっかけをもって、起こってきます。

きっかけそのものに大きな意味がある人もいますが、そうではない人もいて、治療においては、きっかけよりも、自分を嫌いだと思う気持ちを蓄積させるパターンに注目していくことが多いのです。

 

自分を嫌いだと思う気持ちを蓄積させるものとして、例えば、自分自身が虐待を受けた、というのは端的な例です。虐待の被害にあって、自分が好きだという人はほとんどいないからです。両親が不仲だったり、批判的な親がいた、世間体を優先させる親がいた、などという場合にも、自分を好きになれないことが多いものです。

 

自分が嫌いだということも関係するのですが、「過食」の人は本心を他人にいえません。はきはきしてて何でもいっているように見える人も少なくないのですが、肝心なことはいっていないのです。

自分の本当の気持ちや、相手にやってほしいことなどはいえずにため込まれます。このことが「過食」のエネルギーを生んでいくのです。

 

なりやすいかどうか知っておくことは、拒食・過食についての知識・理解を深めるために重要ではないでしょうか。気をつけるよう心がけることで、摂食障害に陥ることを防げるかもしれません。

 

(Photo by://rocksanwine.com/

著者: yasuさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

知っていますか?拒食症のコントロール願望!拒食症に陥る背景と原因について

拒食症の行為の原動力にはコントロール願望があるという考え方があります。   拒...

過食症と拒食症、どれくらいの人が?コンプレックス産業との深い関係

近年でも増加傾向にある摂食障害ですが、いったいどれくらいの人がなっているのでし...


先進国に多くみられる摂食障害!拒食症の背景とよくある心理的原因7つ

拒食症の症状として見られるもののうち、幻覚があります。拒食症では人間が生きる上...

日本とちょっと違う!世界基準の拒食症診断~アメリカのガイドライン

拒食症の人の行動は拒食症でない人からすると、過剰な行動に思えたり、現実的でない...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る