カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アトピー性皮膚炎 >
  4. スキンケア・保湿 >
  5. 脂漏性湿疹を改善する、ケトコナゾールシャンプーについて

アレルギー

脂漏性湿疹を改善する、ケトコナゾールシャンプーについて

 

 

脂漏性湿疹を改善する、ケトコナゾールシャンプーについて

 

脂漏性湿疹という病気についてご存知でしょうか?この病気は、主に頭や顔のTゾーンなどにニキビが悪化したときのような症状(紅班)を引き起こす皮膚炎のことを言います。悪化した状態では、紅班とともに毛穴から黄色い脂の塊が出たり、皮がめくれたり、頭皮から大量のフケが出るといったような症状が起こります。軽度の方は長年ニキビだと思っていたが、症状が一向に改善しないので、皮膚科に行ったら脂漏性湿疹と診断されたという方も珍しくないようです。

 

この病気がニキビと異なる大きな点は、発症の原因が「カビ」にあることです。マラセチア真菌というカビの一種なのですが、通常は肌表面に常在菌として存在し、皮膚に刺激を与え新陳代謝を活発にするなど、肌にとっては有益な効果を持っていることも多いのですが、皮脂分泌の過剰によって、マラセチア菌が大量に発生しその新陳代謝のサイクルが早くなることで炎症を起こしたり、フケなどが大量に発生するといったことに繋がるようです。しかし、脂漏性湿疹の原因はマラセチア真菌だけではなく、他の様々な症状(ストレス、免疫低下、食事の偏り、睡眠不足、紫外線、遺伝)などが複雑に関連しているため、カビを抑えたからといって、湿疹が完治するわけではありません。食生活や、生活習慣の改善などとも複合的な対策が必要になるようです。


<まとめ>
・脂漏性湿疹の原因は生活習慣など複合的なものであるが、その原因のひとつに「マラセチア真菌」というカビが関係している。このカビが皮脂をエサに大量増殖することで炎症やかゆみ、湿疹が起こる
・完治には(生活習慣、食生活)なども含めた総合的な改善が必要である。


では次にご紹介したいのは、様々な対策の中でも頭皮湿疹の対策として非常に効果があると言われている「ケトコナゾール」というシャンプーをご紹介したいと思います。


ケトコナゾールシャンプーとは?


ケトコナゾールシャンプー日本ではまだ未認可ですが、海外においては非常にポピュラーな抗真菌作用のあるシャンプーのようです。もともとケトコナゾールは、水虫やカンジダ症などの治療に用いる抗真菌薬で、病院で脂漏性湿疹と診断されると、このケトコナゾール軟膏が処方されるとのことです。購入の際は日本では販売しておりませんので、病院にて処方してもらうか、個人輸入によって手に入れるか、ということになるのですが、その時に注意しなければならないのが「ケトコナゾール」の配合量です

1%のものと2%のものがあるようですが、アメリカにおいては1%のものはドラッグストアで購入出来ますが、2%のものは医師による処方が必要であるようです。
つまり、2%のものは効果が大きいが、副作用も同時に大きくなる懸念があるとのことです。

 

<注意すべきこと>

・ケトコナゾールシャンプーは医師による処方か個人輸入でしか購入できない。
・購入の際は、ケトコナゾールの配合量に注意する。(2%は通常医師による処方が必要)

 

また、このシャンプーを使用されるのが男性であれば、AGAを原因とする脱毛の予防効果も期待できるとのことです。ケトコナゾールには、男性ホルモンを抑制する効果があり、AGAの原因となる男性ホルモン過剰分泌が原因とされる脱毛症に効果があるとの調査結果が出ているようです。ただ、気を付けなければいけないのが、男性性の抑制作用です。シャンプーの場合は報告がありませんが、ケトコナゾール内服薬を使用した場合、身体が女性化するとの報告があるようです。気になる方は、使用前に医師に相談された方が良いでしょう。

 

最後に


脂漏性湿疹はその対策次第で十分に完治できる病気であると、様々な方の経験談から感じます。真菌が原因のひとつではありますが、その真菌増殖の大元の原因となっているのが、やはりストレスであるという方が非常に多いようです。ストレスにより免疫力が低下することで、真菌が活発になり肌細胞を攻撃し炎症が起こるというメカニズムです。ストレスはそれを軽減させるためには、睡眠をたっぷり摂るなど全体的な生活習慣を変える必要があるので、苦労を伴いますが、改善によって脂漏性湿疹だけでなく、総合的な健康を改善できることを考えれば、この一歩がとても良い機会になるのではないでしょうか?

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E6%B3%B3%E3%81%90-%E6%B4%97%E3%81%86-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AF%E3%83%BC-%E9%A1%94-%E7%9F%B3%E9%B9%B8-%E6%B3%A1-%E3%81%8D%E3%82%8C%E3%81%84-%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%84-58650/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

スキンケア・保湿に関する記事

花粉症に使用される薬①

  花粉症は花粉が原因の季節性のアレルギー疾患です。     ・ケミ...

子供の使うものこそせっけんで♪せっけんを使うことでアトピーや慢性湿疹が改善することも!?

  天然の成分で作られる、環境にも肌にも優しい「せっけん」。しかし、なんだ...


花粉症に使える市販薬

  ドラッグストアや薬局には医師の処方箋なしで購入できる薬が売られています...

鼻噴霧用ステロイド薬など…花粉症に使用される薬について

  ・Th2サイトカイン阻害薬(アイピーディなど) ヘルパーT2細胞から...

カラダノートひろば

スキンケア・保湿の関連カテゴリ

スキンケア・保湿の記事ランキング

人気体験談ランキング

アレルギーのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る