カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 自閉症 >
  4. 原因 >
  5. 化学物質を摂取することによる自閉症の発病とその可能性

メンタル

化学物質を摂取することによる自閉症の発病とその可能性

 

自閉症の原因はいまだ確定していません。遺伝的要因、環境的要因、免疫学的要因など様々な要因が複合的に作用する結果発病するのではないかと考えられています。そんな中、母体が化学物質を摂取することによって自閉症が発病するのではないかという研究結果が出ました。

 

 

研究内容と結果

微量のダイオキシンを投与したマウスから生まれた子どもの行動実験を行いました。この子どものマウスは成長後、「脳の柔軟性の低下と、集団行動の異常」が生じるという結果がみられました。

 

〇子どものマウスに見られた行動の特徴

習慣化された行動を変え、状況に応じた柔軟な選択肢を選べない

欲求を満たすために不必要な反復行動を繰りかえす

報酬を他者と奪い合う状況で活動レベルが低下する。他者との接触を避ける

このような特徴が得られました。これらの症状は非常に人間の自閉症の症状と似ています。

 

〇脳の異常

さらに、脳内の神経活動の異常も確認されました。

その結果、行動の柔軟性や社会的な行動をコントロールする前頭前皮質の神経活動が低下し、恐怖や不安などの情動反応をつかさどる扁桃体の神経活動が通常よりも亢進していました。

 

自閉症の脳も同じ傾向

自閉症者の脳でも前頭前皮質と扁桃体のやりとりがうまくいっていないことが報告されています。

 

 

これらの研究結果は、脳の行動への影響が科学的に示されており、環境や食品中に多く存在するダイオキシンの母体への影響に警鐘を鳴らすこととなりました。ダイオキシンをはじめとする環境化学物質は私たちの周囲に多くあります。それらが、自閉症発病のリスクになる可能性があることは、知っておきたいところです。

 

 

(Photo by: [//free-photo.gatag.net/2010/05/12/110000.html]) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

自閉症は後天的?

自閉症の原因は基本的に先天的なものだとされています。確かに自閉症は育て方うんぬ...

トラウマと発達障害の関係って?

   良く日頃から「トラウマ」という言葉を耳にしますが、それは本当はどういう意...


発達障害にはエピジェネティクスという現象が関与している!?

発達障害における最近の知見の中で、最も重要なのは、多くの発達障害が多因子遺伝...

自閉症は、遺伝が原因ではなかった?

    自閉症というとその言葉のイメージから、家などでふさぎ込んでいて、自分...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る