カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

メンタル

拒食症の治療

%E4%BA%8C%E6%AC%A1.jpg

■拒食症の治療について


拒食症の治療については、過食症ほど明らかになっていません。
これは拒食症が治らないという意味ではなく、単にデータが不足しているという意味です。

「拒食」は不安の病ですから、安心できると治療上に大きな前進をします。
過食をともなわない拒食症の人の中には、安心しただけで治っていく人もいます。

過食をともなう拒食症の人の場合は、「過食」の要素もありますので、ただ安心するだけではなかなか治りません。
過食症と同様に、対人関係療法や認知行動療法の要素を活用していく必要があります。

■「安心」が重要


現時点での拒食症の治療としては、安心という要素をベースにしながら、対人関係療法や認知行動療法の役立つ要素を取り入れるのが最も良いと考えられます。
「体重を増やさないと○○になるぞ」というような脅し治療は逆効果です。

なお、生命の危険があるようなときは入院治療が必要になります。
また、栄養状態を改善していく上では、どこかの時点で、不安に耐えながら栄養をとらなければならない段階が必ずくるのですが、できるだけ信頼できる治療関係の中で行わないと不安が極度に刺激されてしまい、病気がかえってこじれることにもなりかねません。

やはり">「安心」は拒食症治療にとってキーワードなのです。

(Photo by //skyteez.com/archives/16 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

摂食障害で胃腸が弱ったら・・

  非常にやせているにもかかわらず本人は太っていると思い込み、極端に食事を減らし...

拒食の悪循環から抜け出そう

■「安心」を第一の目標に「拒食」は、不安の病であり、不安を和らげていくことがその...


もう無理、やめられない…そんな摂食障害とリストカットをやめられた人のきっかけと理由とは?

摂食障害とリストカット症状になってしまうと、もうやめられない気がするかもしれま...

過食症によく効く薬

  過食でイライラやうつ状態には、カウンセリングだけでは限界があるので、精神安...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る