カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

関節痛・腰痛

足首捻挫のリハビリ

 

 

 足首の捻挫と言えば誰でも経験したことがあると思います。

特に多いのが内返し捻挫と言って、足首を内側に捻るように捻挫してしまい外側の靭帯を痛めてしまうことです。

 

たかが足首の捻挫くらい放っておいたら自然と治るだろう、と油断してはいけません。

放っておくと足首が不安定になり捻挫が癖になったり、不安定な足首をかばうために膝や腰を痛める原因になります。

 

 

捻挫するとどうなる?

○靭帯が伸びます

捻挫は損傷の程度によって、靭帯が伸びた1度、靭帯が部分的に切れた2度、靭帯が完全に切れた3度に分類されます。

 

○筋力が落ちます

捻挫によって使えなくなった間に足の筋肉は落ちて、左右のアンバランスが出ます。

 

○神経の働きが落ちる

人間は多少デコボコした道でもスムーズに歩けます。これは、“足首の角度はこれくらい”という情報が足首から神経を通して脳に送られてくるから可能なんです。

捻挫をするとこの神経の働きも落ちるので、バランスを崩しやすくなります。

 

 

 捻挫からのリハビリ

伸びた靭帯を修復すること、筋力を戻すこと、 神経の働きを戻すこと、この3つに対してリハビリを行っていきます。

 

○テーピングや予防装具

スポーツをする時は足首の内返しを防ぐために、捻挫の程度が軽い場合はテーピング、重い場合は予防装具をつけます。 

 

○足首の曲げ伸ばし

椅子に座って足首を前後に曲げ伸ばししましょう。

 

○タオル引っ張り

タオルを床に敷いて足の指で手前に引っ張ります。慣れてきたらタオルに重りを置きましょう。

 

○ビン転がし

床にビンを置き、その上に足を置いてビンを転がします。

 

○片足バランス

片足で立ってバランスを取ります。慣れてきたら目を閉じたり、バランスボードを使ってみましょう。

 

○裸足歩き

裸足で土の上を歩きます。凸凹した土の上を歩くことで足の筋肉と神経の連絡を良くします。

 

 

まとめ

足首捻挫は痛みが取れたからといって放っておかないで、きちんとリハビリしましょう! 

  

(Photo by://pixabay.com/ja/%E8%B6%B3-%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB-%E5%A4%8F-%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%81%9D%E3%81%AE-%E4%BD%93-%E8%84%9A-%E6%89%8B-%E8%85%95-%E4%BA%BA-15573/)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(足首)に関する記事

捻挫・足底筋膜炎・アキレス腱炎!症状別・足首のリハビリ法

  足首のリハビリは、症状ごとに目的や適した方法が異なります。効果的なリハ...

温泉パワーで回復力アップ!~足首リハビリ

  関節疾患、とりわけ下半身の関節痛では、温泉を活用したリハビリが盛んです...


アキレス腱断裂の際のリハビリって具体的にどんなことをするの?

アキレス腱といえば、足のふくらはぎの部分からかかとにかけてある腱ですが、この腱...

身近な道具を使おう!楽しみながらできる足首のリハビリ法

  足首のリハビリは、根気よく長期的に続けなくてはなりません。道具や方法を...

カラダノートひろば

リハビリ(足首)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る