カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. その他 >
  5. 保険・ローン >
  6. うつ病になった後に保険に加入できるのか?

メンタル

うつ病になった後に保険に加入できるのか?

 

 

うつ病で治療中の場合や、うつ病が完治してから5年が経過していない場合は保険会社の普通医療保険や死亡保険には加入しづらいのが現状です。特にうつ病などの精神疾患はガンなどの身体疾患の場合よりも、保険加入の審査が厳しいことが多いです。

 

 

〇なぜ審査が厳しくなるのか?

うつ病の治療は医療費や薬代がかさみ、治療が長期間にわたることが多いためです。うつ病にかかっているというだけで自殺の可能性も高くなると考えられることと、病状が悪くなってくると様々な病気を併発することが審査に通りにくくなる原因になります。さらに、再発の危険性も高く、完治できないケースも多々あります。

保険会社からすれば長期にわたって保険金支払いの度合いが高まってしまいますから、自分の会社にあまり利益を生み出しません。

 

〇引受基準緩和型の保険加入とは

引受基準緩和型の保険とはうつ病の治療中、あるいは、完治から5年未満でも(つまり持病を持っていても)加入できる可能性のある保険です。可能性のあると書きましたので保険会社によっては加入できない場合があります。多くの場合は就業しており、定期的な収入があり、社会生活ができていることが条件となりますが、うつ病患者の場合ここで引っかかってしまう人が多いようです。

また、基本的には終身型の保険が多く、普通の保険料より割高だったり、保証金額が小さいものも多いのが現状です。

 

〇指定疾病不担保制度

うつ病患者としては「うつ病以外の病気だけでも保障してほしい」と考えます。

この指定疾病不担保制度は持病以外の病気を保障してくれる制度です。保険会社によって名前が異なることもあるようですが、うつ病以外の病気やけがの保障を約束してくれますし、うつ病などの精神疾患にもわりと開かれている場合が多いので、一つの選択肢としては有効です。

 

 

昔はうつ病は保険適用外になることが多かったですが、最近はうつ病などの精神疾患の患者が増えたせいか、保険会社もそれに対応するようになってきました。制度や会社によっては持病を持っていても大丈夫と書いていて、うつ病はだめというケースもありますので、直接話を聞いてみるとよいでしょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/08/12-026173.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保険・ローンに関する記事

うつ病の人は労災の申請はどうするべき?~精神障害の労災認定~

  うつ病にいたる原因として、過度なストレスがその大きな理由のひとつになります...

うつ病と心臓の病気の関係性

かなり以前から、うつ病の方と心臓病に何らかの関係があるのではないかと言われて...


うつ病で入院するかもしれない…うつ病での入院費用と期間はどれくらい?

うつ病で入院することになると、気になるのが費用ですよね。どれくらいの入院期間と...

うつ病では住宅ローンを組めない?

  うつ病の治療中、健康保険や生命保険への加入は原則できません。ではうつ病の診...

カラダノートひろば

保険・ローンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る