カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 足首 >
  4. リハビリ(足首) >
  5. お尻ストレッチで足首捻挫が楽になる!内転筋を鍛えて再発防止! ★図解イラストあり

関節痛・腰痛

お尻ストレッチで足首捻挫が楽になる!内転筋を鍛えて再発防止! ★図解イラストあり

 

足首を捻挫した時にはリハビリが大切です。

中でも足首を捻挫しやすい人はお尻が固くなっています。

 

足首とお尻の関係

足首の捻挫で一番多いのが、内返し捻挫と言って足首を内側に捻ってしまうことによって起きる捻挫です。

内返し捻挫は足の裏の外側に体重が乗っている事によって起きやすくなります。

足の裏の外側に体重が乗る原因となるのが梨状筋と言うお尻の筋肉の固さです。梨状筋は股関節を開いて(外旋)、ガニ股姿勢を作ります。

 

歩き方チェック

貴方がいつも履いている靴の踵を見て下さい。

靴の踵の外側ばっかり減っている人は足の外側に体重が乗った歩き方をしています。

お腹が出ている人も骨盤が後傾してガニ股姿勢になりやすいので要注意です。

 

梨状筋のストレッチ

1、仰向けに寝転がります。

 

2、両膝を立てます。

 

3、両膝を左右に倒します。最初は5秒ずつくらいからで、慣れてきたら30秒ほど倒しましょう。

 

4、特に倒しにくかった方を念入りに伸ばします。日本人では左に倒しにくい(右尻が固い)人が多いようです。

  

内転筋を鍛える

お尻の筋肉(梨状筋)が固くなっている人は、逆の働きをする内転筋が弱っています。

梨状筋をストレッチで柔らかくして、内転筋は鍛えて引き締めるとより一層効果的です。

 

1、寝転がり両膝を立てる。

2、膝の間に座布団を挟む。

3、腰を浮かせて15秒キープする。この時に座布団が落ちないようにしっかり膝を締めて下さい。

 

まとめ

捻挫の再発を予防するためには、足首だけでなく他の場所からの影響にもアプローチをすると効果的です。

足首捻挫のリハビリに“お尻のストレッチ”も是非取り入れて下さいね。

 (ストレッチイラスト by 運営 )

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(足首)に関する記事

捻挫・足底筋膜炎・アキレス腱炎!症状別・足首のリハビリ法

  足首のリハビリは、症状ごとに目的や適した方法が異なります。効果的なリハ...

足首捻挫のリハビリ

     足首の捻挫と言えば誰でも経験したことがあると思います。 特に多い...


アキレス腱断裂の際のリハビリって具体的にどんなことをするの?

アキレス腱といえば、足のふくらはぎの部分からかかとにかけてある腱ですが、この腱...

身近な道具を使おう!楽しみながらできる足首のリハビリ法

  足首のリハビリは、根気よく長期的に続けなくてはなりません。道具や方法を...

カラダノートひろば

リハビリ(足首)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る