カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 肩こり >
  4. 原因 >
  5. 肩こりの原因は筋肉の緊張だけじゃない!?精神的な影響とそのメカニズム

関節痛・腰痛

肩こりの原因は筋肉の緊張だけじゃない!?精神的な影響とそのメカニズム

 

 

日本人の有訴者数の最も多い症状と言えば肩こりです。

肩こりはどのようにして起こるのでしょうか?

 

 

肩こりが起こるメカニズム

身体のある部位から出た発痛物質(セロトニンやブラジキニン)を侵害受容器が捉え、その情報が神経を伝わって脳に届き痛みとして認識されます。 

 

 痛みを伝える神経線維にはAδ線維C線維の2種類があります。

ナイフで切ったり骨が折れたと言うような鋭い局所の痛みを伝えるのがAδ線維、なんとなく感じる鈍い痛みを伝えるのがC線維です。

 

侵害受容器も2種類あり、高閾値機械需要器からAδ線維へ、ポリモーダル受容器からC線維へ情報が伝わります。

 

肩こりはC線維の伝える鈍い痛みだと考えられます。 

 

 

精神的な要素も含まれる

国際疼痛学会の定義では『実際に何らかの組織損傷が起こった時、または組織損傷を起こす可能性がある時、あるいはそのような損傷の際に表現される、不快な感覚や不快な情動体験』と説明されています。 

 

つまり、実際に怪我や病気が無くても痛いと言う感覚があればいいということです。

 

また、情動体験、つまり痛みに伴う恐怖や不安などの感情も含めて痛みと言う事です。

 

ストレスや精神的な不安で肩こりが増強するのはよくあることです。

逆に楽しい時間は肩こりを忘れてしまうということもあります。

 

発痛物質の情報も脳が認識して初めて痛いと感じます。

脳の受け取り方次第では痛みは強くも弱くもなるということです。 

 

 

まとめ 

肩こりに対する対処法やマッサージ屋さんは沢山あります。

が、上記のような事を知らないと効果の定かでない怪しげな商法に引っかかってしまうことがあるので要注意です!

 

  

(Photo by://www.ashinari.com/2012/05/22-362204.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

原因に関する記事

ストレス、冷え性、眼精疲労…肩こりの原因は意外なところにあった?

     日本人女性の7割は肩こりに悩まされていると言います。 あまりに肩...

肩甲骨付近のコリの原因とは

    肩甲骨から肩にかけてひどいコリを感じることはありませんか。理由は様々...


つらーい肩こり・・・普段の姿勢の悪さが原因だった!?

   姿勢が悪いと肩こりになると言われますが、それは本当なのでしょうか? ...

肩への血行が悪化することが原因?~更年期障害と肩こりの関係~

最近は女性だけでなく男性にも増えてきた更年期障害ですが、この更年期障害が中高...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る