カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 摂食障害はどんなふうに治るか

メンタル

摂食障害はどんなふうに治るか

%E6%B2%BB%E3%82%8B.jpg


■弱点の捉え方


摂食障害は治る病気です。
しかし、
「体型や体重を気にせずに何でも食べられるようになりますか?」
「二度と過食をしないですみますか?」
という質問には「はい」とは言えないのがこの病気の特徴です。

なぜかというと、体型や体重へのこだわりや過食は、その人の弱点ともいえるからです。
どんな人にも弱点はあって、ストレス状況下ではそこに症状が出てきます。
弱点をなくすこと(人間であるかぎりそんなことはできませんが)が「治る」ということなのではなく、弱点を自分の健康の指標として活用していけるようになることが「治る」ということなのです。

■過食を「問題」ではなく「問題の指標」に


例えば、ある時期に、やせればすべて解決するような気持ちが強くなったとしたら、自分の心があまり健康な状態ではないと考えられます。
自分の生活のストレス(不安や、自分を嫌いになるようなこと)を見直し、それを解決できれば、その人は病気とはいいません。

過食傾向が続くときには、今の自分の生活でなにが苦しいのだろうかということを良く考えて、そちらの問題そのものを解決できればよいのです。
この場合は、過食は「問題」ではなく、「問題の指標」ということになります。
過食があるから問題に気づけるのです。

■自分を責めてはいけない


「体型や体重を気にせず何でも食べられるようになりたい」
「二度と過食をしないようにしたい」
というところに治療のポイントを置いてしまうと、かえって症状にとらわれてしまい、たまたま1回だけあった過食(摂食障害でない人も、ストレス食いをすることはあります)のことで「治っていない」と自分を責めてしまい、病気がぶり返すきっかけをつくってしまうことにもなりかねません。

重要なのは、症状が再発したときに、自分を責めたり「ずっと治らないのではないか」と不安になったりすることではなく、病気の力を借りずに自分のストレスを直接解決していけるようになることです。

そのためにも、摂食障害が「治る」ということを、「症状がどこかの時点で再発するかもしれないけれども、そのことによって自分のストレスに気付き、解決できるようになること」と考えるのがもっとも役に立ちます。

(Photo by //kyosyokukoukatabemon.blog.so-net.ne.jp/ )

著者: しぶやんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

過食症によく効く対人関係療法と予防法

  気晴らし食いから発展して、または拒食症から転じて過食症になった事実から、ス...

過食症が及ぼす影響と治療法について

  生命維持のために、飢えを解消するための過食と、ネガティブな気持ちから逃れた...


もしも「摂食障害」と診断されたら0カウンセリングを受けよう0

  心の病気が原因で起こる食行動の異常である摂食障害の治療には、カウンセリング...

拒食症が及ぼす身体の異常に注意!

  拒食症は、自分で拒食をコントロールできないという点に病気と認めれたゆえんが...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る