カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 統合失調症 >
  4. その他 >
  5. 統合失調症患者は幻聴や妄想が好き?

メンタル

統合失調症患者は幻聴や妄想が好き?

 

統合失調症患者の幻聴は投薬やカウンセリングなどの治療によって消失していきます。しかし、幻聴の消え方はその後の症状に大きな影響を及ぼします。

 

 

〇投薬で幻聴があっさり消えても

投薬によって幻聴がぱったりとおさまってしまう人もいます。しかし、その患者さんの中には「幻聴は苦しいけれど、薬で消えてしまうとまた起こるのではないかと思って怖い」と言う人がいます。幻聴を聞いている間は、その幻聴を、実感を持って聞いているのが統合失調症です。いざそれが薬によって消えてしまっても、「もしかしたらまた」の恐怖におびえることになるのです。

 

〇幻聴は私

幻聴は統合失調症の人にとって実感を伴って聞かれています。そのため、幻聴自体が患者自身のパーソナリティになり、なくなってしまうと自分の特徴が失われたかのような気がしてしまうとも考えられています。

 

〇ゆっくり自然と消えるのがいい

幻聴が消えるためには準備が必要です。患者本人「幻聴が消えてもいい」「幻聴がなくなっても寂しくない」と思えれば、もう幻聴は患者にとって必要のないものですから、自然と消えていきます。

 

〇幻聴や妄想は逃げ道

統合失調症の初期は思考が散り散りになって、考えがまとまらない混乱状態です。その混乱状態をなんとか統一しようとして現れるのが幻聴や妄想とも考えられていますその慣れ親しんだ道を消してしまうわけですから、もしかしらた最初に戻るのではないかと怖いですし不安なのです。

 

 

このように、幻聴や妄想は、統合失調症の患者が見つけた、脳を統一しようとする方法だと考えられています。こういった考えを知っていれば、統合失調症の患者について理解を持った接し方ができるかもしれません。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/02/09-033586.php?category=34])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

統合失調症にかかった人は病気になりにくい?

  統合失調症を患うとさらに重い疾患になりにくいというのは良く言われることです...

統合失調症を発症させやすい家族

 統合失調症を発症させやすい場として「高度感情表出家族」というものがあると言われ...


統合調症になりやすい子どもとは?

将来統合失調症になる子どもは、しょっちゅういじめられている子かというと、必ず...

統合失調症とうつ病の症状が同時に見られる統合失調症感情障害…どんな症状が出るのか

  統合失調症とうつ病それぞれの症状が同時にあらわれる疾患に統合失調感情障害と...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る