カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 統合失調症 >
  4. その他 >
  5. 冬生まれは統合失調症になりやすい?

メンタル

冬生まれは統合失調症になりやすい?

 

統合失調症とは現実と非現実の境界線がぼやけてしまい、幻聴や妄想が実感を持って感じられてしまう病気です。統合失調症の原因は未だはっきりと解明されていません。原因として考えられるのは体質や環境、性格などが相互作用して発病するものと考えられています。統合失調症になる人にはいくつかの共通点があります。以下を見てみましょう。

 

 

1030

発病しやすい年齢は10代後半の思春期から20代前半であると言われています。30代の統合失調症は妄想を主症状とする統合失調症になります。また、中年期の発病もありますが、その場合は統合失調症とは区別され、老年期精神病と判断されることもあります。

 

〇冬生まれ

統合失調症患者には冬生まれの人が多いのです。理由は、冬はインフルエンザの季節ですので、母親が感染することによって胎児に影響するとも考えられていますし、冬は日射量が減少するため、ビタミンD不足になり、胎児の発達において中枢神経系に悪影響があるのではないかとも考えられています。

 

〇風疹

インフルエンザでもそうであるように、胎児のときに母体が何らかのウイルスに感染すると、胎児の発達に悪影響を及ぼすことが分かっています。特に風疹は統合失調症のリスクが高くなるようで、胎児のときに母親が風疹にかかった場合、胎児が統合失調症になるリスクは通常の5だと言われています。

 

〇都会育ち

特に思春期を都会で育つ場合、多感な時期にストレスの多い環境におかれますから、統合失調症のリスクを高めます。

 

〇出生時の父親の年齢は50

生まれたときの父親の年齢は高くなればなるほど統合失調症になるリスクが高まります。

 

 

これらが統合失調症患者に見られる傾向です。こうしたリスクは知られるようになってきましたが、だからどうやって予防したらいいのか?という部分はまだ確立されていません。ただ、自分でできることと言えば、過度なストレスに耐えすぎないということですから、自分の統合失調症のリスクを知り、生活環境を整えることが大切です。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/24-020838.php?category=34])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

統合調症になりやすい子どもとは?

将来統合失調症になる子どもは、しょっちゅういじめられている子かというと、必ず...

心神喪失ってなに?

心神喪失のため、無罪判決になりましたという事件がたまにありますよね。では、こ...


統合失調症が多い国地域

  日本の統合失調症の罹患率は約0.85%でおよそ120人に1人がかかる計算に...

妄想が現れる?統合失調感情障害(分裂感情障害)の病識

ここでは妄想や幻聴がでてくる精神病のひとつ、統合失調感情障害(分裂感情障害)に...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る