カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 統合失調症 >
  4. その他 >
  5. 統合失調症が多い国地域

メンタル

統合失調症が多い国地域

 

日本の統合失調症の罹患率は約0.85でおよそ120人に1人がかかる計算になりますので、まれな病気ではありません。アメリカも日本とほぼ変わらない罹患率で、世界的に見てもこれは平均的な数字です。  

 

 

4%のアイルランド

アイルランドの統合失調症の罹患率は4と高い確率になっています。

原因として考えられているのは主食のジャガイモです。ジャガイモは日光に当たると表皮の下にソラニンという物質ができます。これは神経毒の一種で、摂取すると頭痛や嘔吐、下痢や胃炎などを起こすなどのほか、幻覚などが起きることがあるそうです。実際にこのジャガイモの毒性が統合失調症の発病にどれほど関係しているかははっきりしていませんが、この罹患率はある年齢を境にして上の罹患率が高く、下の罹患率が低くなっているそうです。そのため、遺伝的な要因だとは考えにくく、環境的な要因が影響していると考えられています

 

9%のジャマイカからイギリスへの移民

とても高い罹患率となったのはジャマイカからイギリスへ渡った移民です。

ジャマイカ本土やイギリス本土では罹患率は特に高くありません。しかも、移民をした世代の子どもの世代の方、罹患率が高くなるという傾向がありました。これらのことは統合失調症が環境要因によって引き起こされたものと考えられています。

 

 

統合失調症が発病する要因はもちろん遺伝的なものもありますが、環境や、もしかしたら食生活にも発病の原因があるかもしれません。

  

 

(Photo by: [//free-photo.gatag.net/2011/09/15/150000.html])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

統合失調症を発症させやすい家族

 統合失調症を発症させやすい場として「高度感情表出家族」というものがあると言われ...

統合失調症とうつ病の症状が同時に見られることってあるの?

  うつ病や統合失調症という疾患は精神疾患の中でもよく知られている疾患です。 ...


モンスター・ファミリーに泣かされる医療業界

子どもの教育について、過剰な反応を見せて学校や教育委員会に乗り込むモンスター...

親の問題点としての「過保護」

  統合失調症を患う方の家族に話を聞くと、「過保護でした」「甘やかしました」と...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る