カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 双極性障害(躁うつ病) >
  4. 原因 >
  5. 躁うつ病の原因は遺伝が大きい

メンタル

躁うつ病の原因は遺伝が大きい

 

躁うつ病はうつ病とは異なり、躁状態(気分が高揚している状態)とうつ状態(気分が落ち込んでいる状態)をいったりきたりして繰り返す病気です。よく統計などでは躁うつ病とうつ病は合わせて数えられていることが多く、同じようなものと考えてしまう人が多いですが、実際は全く異なる病気です。

 

躁うつ病の原因となるものは未だはっきりとは分かっていません。様々な説があり、様々な例の中で、遺伝的な要因が大きく関係しているのではないかと言われています。

 

 

〇一卵性双生児の例

遺伝的な要因を調べる際用いられるのが、一卵性双生児です。一卵性双生児は遺伝子が同じですので、もし躁うつ病が遺伝的な要因で発病するのであれば、一卵性双生児の一方が躁うつ病になれば、もう一方も必ず躁うつ病になると考えられます。しかし、実際その確率は8590%ほどで、100%には至らないと言う結果が出ています。高い確率ではあるので、何かしら遺伝子が関係していると考えられますが、遺伝子のみによって決定されるということではないようです。

 

〇親子の例

親が躁うつ病の場合、子どもの発症率は約10%だそうです(一般的な発病率は約0.3%)これは親族にガンや糖尿病になりやすい人がいると、発病する危険が増すことと同じで、躁うつ病に関係する遺伝子が遺伝するあるいは遺伝して他の遺伝子と組み合わさることで発病すると考えられています。

 

 

躁うつ病において、遺伝的要因は発病に関係が深いと言われていますが、それでも遺伝子は発病の一要素でしかありません。もし親族に躁うつ病にかかった人がいて発病の確率が高くても、生活環境を整えてあげることで発病を予防することができるかもしれません。その点で言えばガンや糖尿病などの病気と変わりないと言えます。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/09/30-028630.php?category=53])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

躁うつ病になりやすい性格と体型

  躁うつ病の決定的な原因は未だわかっていません。遺伝子や環境、脳内の伝達物質...

ストレスからなる躁うつ病 ストレスを感じないようにするには?

  「躁うつ病」とは、統合失調症と並ぶ、二大精神疾患です。躁うつ病は双極性...


躁うつ病を引き起こす原因の一つ、「脳の異常」

  躁うつ病とは?   「躁うつ病」という病気はとは、双極性障害とも呼...

セロトニン減少によって起こる躁うつ病

  躁うつ病は、生活リズムの乱れやストレスが誘因となり発病することがよくありま...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る