カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 双極性障害(躁うつ病) >
  4. 接し方 >
  5. 躁うつ病者とのラクな関わり方

メンタル

躁うつ病者とのラクな関わり方

 

躁うつ病者のまわりの人間は、治療ができるわけではありませんので、そっと見守ってあげることを求められます。しかし実際、躁状態になったらおしゃべりがとまりませんし、よく笑いますし、メールや電話の量が半端ではないこともあります。「無視するわけにもいかないし」と、つい頑張ってしまうこともありますが、頑張る必要はありません。躁うつ病者のまわりの方が疲弊してしまって、躁うつ病者ともどもダメになってしまうことが一番大変です。では、躁状態の行動を断ち切るにはどうしたらよいのでしょうか?

 

 

〇断ち切る

弾丸トークが止まらない。意味不明の話を聞き続けているのがつらい。

そうなってしまったら、自分が疲れ切ってしまう前に切り上げてしまいましょう。「仕事があるので電話を切ります」「携帯の電池が切れてしまいました」「もう遅いので寝ますね」などと言ってシャットアウトしてよいです。

躁うつ病者の人は一見楽しそうに話していますから、ついつい変な気をつかって話に付き合ってしまうのですが、実際躁うつ病者本人は歯止めがきかなくなっており、エネルギーが枯れ果てるまでしゃべります。その状態は本人にとってもよくありません

 

〇干渉しない

「仕事してみたら?」「だらだらするのもそろそろやめて…」などできないことを求めていないでしょうか。特に家族の場合、四六時中一緒にいるので「いい加減に…」という気持ちからつい小言を言ってしまいます。しかしそれはケンカの原因をつくっているだけです。

また、「そんなことしたら嫌われちゃうわよ」「あとで後悔するのは自分よ」などと心配をぶつけてしまうこともあると思います。しかしそう言ったからといって行為をやめるわけではありません。ある程度までは本人の責任と割り切ることも、それを躁うつ病者に言葉にして伝えることも必要です。

 

 

大切なのは躁うつ病者を嫌いになる前に距離をとってしまうことです。躁うつ病という病気だからしかたないんだとわり切れたらどんなに楽かと思いますが、実際大人であっても、そうそう立派な人間ができているわけではありません。躁うつ病者に対して、変わらぬ自分を貫き通せるかどうかを念頭に、上手にお付き合いしてください。

 

 

 

 

(Photo by: [//free-photo.gatag.net/2011/04/25/070000.html])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

接し方に関する記事

躁病の支離滅裂さとはどう接すればいいか?

  躁うつ病の方が躁状態に転じて「軽躁状態」になって活動性が高まっても、まだ行...

毅然とした態度が患者を救う

躁うつ病者が躁状態のとき、症状によっては非常に迷惑を被ります。しかし、そうい...


気分の変化につきあうポイント

  躁状態とうつ状態を繰り返す躁うつ病は、躁うつ病者本人も気分の波の大きさに非...

カラダノートひろば

接し方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る