カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ヘアケア >
  4. >
  5. 正しいシャンプーの仕方で髪は変わる

美容・ダイエット

正しいシャンプーの仕方で髪は変わる

img_506410e78e321.jpg

■シャンプーとは、「髪を洗う」ではありません! 「頭皮を洗う」ということです!

普段から使っている「シャンプー」という言葉の語源は、ヒンズー語のヘッドマッサージを意味する「チャンピ」からきています。

人間は昔から髪を“健康の象徴”として大事に扱う習慣があり、髪が生えている頭皮をケアする方法を自然と身に付けていたものと考えられます。
ヒンズー語が盛んに使われていた昔に「シャンプー」という言葉が生まれました。この語源から考えても、髪と頭皮は密接な関係にあります。

■シャンプーには3つの役割がある。

現在の生活における「シャンプー」には、

1、頭皮と髪を清潔にする
2、頭皮の血行を促進する
3、リンスやトリートメント・育毛剤の効果を高めるための頭皮環境の改善

という3つの役割があります。この3つの役割を果たすことのできる「シャンプー」を行い、髪を美しくきれいに保ちましょう。

■さぁ、実践!シャンプーの正しい方法

シャンプーの3つの役割を考えながら、正しい方法を学びます。
正しいシャンプー後の髪は、今までにない感触を感じることができます。だから美容院後の手触りは違うんです。

1.シャンプー前に粗めのブラシでゆっくりとかす

乾いている髪を粗めのブラシでとかします。頭頂部から全体にブラッシングし、最後に毛先のからまりをやさしくとかします。
シャンプー前のブラッシングは、髪の表面についたホコリなどが取れ、シャンプーの際の指通りがスムーズに。

2.髪を軽くすすぐ

地肌全体にぬるま湯(37度前後)がいきわたらせるように、髪の根元から、真ん中、毛先をぬるま湯ですすぎます。
すすぐ際は、髪に軽くお湯をピチャピチャ付け、まんべんなくぬるま湯を通しましょう。
お湯が髪になじんできたら全体的に髪を軽くパンパン叩いて汚れを落とします。この作業をするだけで大分汚れが落ちます。

3.シャンプーは適量、長さに合わせて手にとる

シャンプーの量は、髪の長さに合わせて調整します。
ロング   手のひら2個分(2回に分けて)
ミディアム 手のひら1個分
ショート  手のひら半個分
※ここで紹介している量は、よくあるプッシュ式のシャンプーの場合です。

4.シャンプーを頭の後ろで泡立てる

手に髪の長さに合った量を取り出し、ぬるま湯で少し薄めて両手に広げます。
頭皮だけにシャンプーを付けて、後頭部から頭頂部に向かって指の先で押し込むようにし泡立てます。
※ロングヘアの場合、2回に分けて泡立てるのがよいでしょう。

5.頭頂部→真ん中→毛先の順に泡をなじませながら軽く洗う

泡立てたシャンプーを全体にまんべんなくいきわたらせます。
特に毛先は痛みやすい部分なので泡を集めて、やさしくこすらないようにシャンプーをなじませましょう。
濡れている髪はデリケートです。泡をなじませてから汚れを取ることが重要です。
※生え際は耳の脇などは忘れがちなのでしっかり洗いましょう。

6.地肌を洗う

髪全体が泡立ってきたら、髪の間から指を差し入れて、マッサージするように指の腹で、地肌全体をもみこみます。
洗い終えたら頭全体を指10本の腹でぐっと押さえ刺激します。生え際から上へと刺激を与えます。
この刺激は頭皮の血行を促し、シャンプー剤の効果を最大限に活用します。
※頭頂部は紫外線でダメージを受けてやすく、頭皮も硬くなりやすい部分なので、やさしくマッサージするように。

7.中間→毛先を洗う

地肌をよく洗ったら指を通すように、もう一度、真ん中→毛先を洗います。
最後に髪全体についている泡を毛先に集め、やさしくなじませてシャンプーの終了です。
スタイリング剤などを付けている場合は泡だったまま1分程放置するのも効果的です。
通常は1回のシャンプーでOK。まだゴワゴワするようなら2度洗い。

8.全体をしっかりとすすぐ

泡を充分なじませたら、地肌をこするように、地肌→真ん中→毛先に向かってすすぎます。
すすぎが足りないと、かゆみの原因になるので注意しましょう。
頭皮についた泡ももちろん、全体を念入りに洗い流していきましょう。耳の後ろや髪の生えぎわは、洗い残しやすい部分なので気をつけて。
水圧の強いシャワーですすぐと、頭皮のマッサージ効果も。

9.髪を軽くしぼる
後頭部から髪全体を軽くしぼります。水分を少し感じられる程度になれば、リンスやトリートメントの準備完了です。

(Photo by http://topics.jp.msn.com/onna_blog/beauty/article.aspx?articleid=1149841)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

髪に関する記事

漢方で体質改善して薄毛対策!~女性の頭皮と髪の悩み~

  漢方医学の考え方では、「薄毛になりやすい体質」があります。薄毛そのもの...

髪に良いサプリメントって?髪に必要な栄養素を知ろう~女性の頭皮と髪の悩み~

髪に良いことはヘアトリートメントや、頭皮マッサージだけだと思っていませんか?...


遺伝と鉄分不足が原因?白髪になるメカニズムとは

  年齢を重ねるごとに増える傾向にある白髪ですが、早くから白髪が出てくる人、白...

パサつく髪には食事で内側から栄養補給

  過激なダイエットを行うと肌がカサついたり、髪がパサパサになってしまった...

カラダノートひろば

髪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る