カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 肩こり >
  4. 原因 >
  5. 内臓が原因の肩こりに要注意!

関節痛・腰痛

内臓が原因の肩こりに要注意!

 

 

 肩こりと言えば“筋肉が固くなって辛い”と思ってる方が居るかも知れませんが、実は肩こりには重大な病気が潜んでいることがあります。

 

 

内臓から体に痛みが出る仕組み

背骨と背骨の間からは内蔵や体に向かって神経が出ています。

脳から出た命令を伝える神経(運動神経)と、体や内蔵の感覚を受け取って脳に伝える神経(感覚神経)とがあります。

 

内臓からの感覚神経も体からの感覚神経も、背骨の中で脊髄となって脳に感覚を伝えます。その為に脳はどの背骨の間から送られてきた感覚かは分かるのですが、内臓が痛むのか体が痛むのかの情報が分からなくなることがあります。

 

例えば、心臓に異常があった場合に、心臓を支配する脊髄分節(神経が出る背骨の間)と同じ支配の肩周りに異常を感じます。

これを関連痛と言います。

 

心臓病

狭心症の初期に肩こりを感じます。

筆者は整体院をしているのですが、今まで肩こりを全く知らなかった方が“いきなり首が回らなくなり肩が異常にこって苦しい”と言って来院されたことがありました。原因が分からず病院の受診を勧めたところ狭心症が見つかりました。

 

狭心症や心筋梗塞の発作による痛みは強烈で動けなくなるほどだと言います。

痛みの出る場所としては左胸~左肩~左腕にまで広がると言われています。

 

肝臓病

肝臓に障害があると右肩首から肩甲骨にかけて痛みが出ることがあります。

また肝臓が腫れたり固くなったりすると横隔膜が圧迫されることによる症状が出ます。

横隔膜は頚神経からの支配も受けているために首回りにも痛みや動かしづらさが出ることがあります。

 

 

肺結核や肺炎によって肺組織に損傷が出ることによって肩から背中にかけて痛みが出ることがあります。

また、COPDなどで安静時にも胸式呼吸をしなければいけない状態になると肩がこります。胸式呼吸の補助筋として僧帽筋や胸鎖乳突筋、斜角筋などの首肩まわりの筋肉が使われるためです。

 

 

まとめ

肩こりには内臓の病気の前兆が隠れていることがあるので気をつけましょう。

 

  

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/05/22-362198.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

肩こりの原因は筋肉の緊張だけじゃない!?精神的な影響とそのメカニズム

    日本人の有訴者数の最も多い症状と言えば肩こりです。 肩こりはどのよ...

ストレス、冷え性、眼精疲労…肩こりの原因は意外なところにあった?

     日本人女性の7割は肩こりに悩まされていると言います。 あまりに肩...


肩への血行が悪化することが原因?~更年期障害と肩こりの関係~

最近は女性だけでなく男性にも増えてきた更年期障害ですが、この更年期障害が中高...

肩甲骨付近のコリの原因とは

    肩甲骨から肩にかけてひどいコリを感じることはありませんか。理由は様々...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る