カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 動脈解離 >
  5. 食べ物から予防をはじめよう!大動脈乖離(かいり)の知識と予防

気になる病気・症状

食べ物から予防をはじめよう!大動脈乖離(かいり)の知識と予防

 

大動脈乖離とは?

 

大動脈乖離という疾病名は、中高年の方ならばご存知の方もおられるかもしれません。

 

この疾病は、大動脈(胸部~腹部に至る体の中心にある最も太い血管)の壁に亀裂が入り、剥離を起こして内膜と外膜とに分離されてしまう症状のことを言います。この乖離が起こると、胸や背中への激しい痛みが起こり、また動脈内部に血流が流れにくくなるので各臓器が虚血状態になり、心臓発作や腎臓障害などの随伴症状を引き起こします。特別な措置も行わず、2週間程度放置してしまうと、死亡率が75%にもなるという報告もあるので、症状に気づいたときには迅速な措置が必要です。

 

どのような予防法があるか?

 

では、これを防ぐためにどのような予防法があるかですが、多くの血管性の疾病と同じように、この大動脈乖離においても

 

高血圧

高脂血症

動脈硬化の予防

 

が主になります。

 

高血圧や動脈硬化によって、血管壁に大きな負担がかかったり、血管壁のしなやかさが失われると、それだけ血管に亀裂が入るリスクが高まります。高脂血症は、血中のLDLコレステロールが増加することにより、様々な化学変化が起こり、血管壁が硬化します。

 

喫煙やアルコールも避けるべきものであると言えます。喫煙はニコチンが血管収縮を引き起こし、血圧が上昇することで血管壁を損傷させます。アルコールは中性脂肪を増やすので、高脂血症につながります。これらを防ぐためには、食事による予防が基本となります。

 

食事管理による予防


・高血圧…減塩を心がける

(おすすめ調味料は、酢と唐辛子の輪切りを加え寝かせた万能調味料「辛いっ酢」)
・高脂血症…動物性脂肪の摂取を控える。魚に含まれる脂質n-3系不飽和脂肪酸を摂取するよう心がける
・動脈硬化…納豆+キムチ

(血栓を溶かすナットウキナーゼと血流促進の唐辛子の組み合わせ)

 

健康のためには、毎日の継続したケアが必要です。

是非一度お試しください!

 

 

(photo by://pixabay.com/ja/%E3%83%91%E3%83%B3-%E6%9C%9D%E9%A3%9F-%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%AA-%E5%8D%B5-%E3%83%8F%E3%83%A0-%E5%A1%A9-%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E9%A3%9F%E5%93%81-%E6%96%B0%E9%AE%AE%E3%81%AA-21444/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動脈解離に関する記事

大動脈解離の分類と危険性

  大動脈解離となる箇所は単なる動脈ではなく、かなりの規模に渡る大動脈です...

動脈解離の予後を良好にする治療薬 血圧を下げる薬、ARBの投与が有効?

  動脈解離は緊急性の高い疾患となっているケースが多く、緊急の手術が行われるこ...


命への危険が高い血管障害?大動脈瘤の一種「大動脈解離」とは

大動脈解離は、三層構造となっている大動脈壁に血液が流れ込むことで、三層それぞ...

急性大動脈乖離の手術療法

      急性大動脈解離という病気をご存知でしょうか?この病気についてご...

カラダノートひろば

動脈解離の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る