カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 「過食」の悪循環から抜け出そう

メンタル

「過食」の悪循環から抜け出そう

%E9%81%8E%E9%A3%9F5.jpg

■「過食」のエネルギーをつくりだすものを知る


「過食」は、ストレスにゆきづまったときに出てくるものです。
そこに込められた気持ちは、怒り、罪悪感、自責感、不安などです。
これらのネガティブな気持ちが、「モヤモヤとした」気持ちとして胸にたまっているときに、それを何とかしようとして起こってくるのが過食の症状です。

この「モヤモヤとした」気持ちが強まるのには、きっかけがあります。

その多くが、だれかとのやりとりです。
人とやりとりした結果、怒り、罪悪感、自責感、不安の「モヤモヤとした」気持ちが残るのです。
直前に人と具体的なやりとりをしたわけではなくても、以前のやりとりを思い出したり、そこから引き出された結論について考えたりしていても、「モヤモヤとした」気持ちは強まります。


■「モヤモヤ」からくる過食と「飢え」からくる過食


全ての過食に「モヤモヤとした」気持ちが関連しているわけではありません。
飢えへの反応として起こる過食は、本来は中立的な自己防御反応です。
しかし、それを「また過食してしまったダメな自分」としてみれば、自責感につながり、「過食」のエネルギーになっていきます。

過食症状が最も激しいときには、2つの種類の過食がつながったようになって習慣的に過食が起こっているものです。
ですから、「過食」の場合も、">病気について正しい知識を持つことは重要です。
過食には2種類あることをよく知った上で、「過食」のエネルギーをつくりだしているものは何かを考えていきます。

(Photo by //xn--2ryv97c86f.jp.net/ )

著者: まるさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

「自分らしさ」を発見しよう!摂食障害やリストカット治療

  ここでは摂食障害やリストカットをする人が自分を傷つける回数を減らすため...

摂食障害だと気持ちを話すことが苦手・・・でも人に気持ちを伝えることが重要!不安な理由3つ

摂食障害の人は全般に自分の気持ちを話すことが苦手です。気持ちを話すことができな...


周囲の対応が悪循環を生み出している?治療で一番の障害に!?家族の接し方による悪影響

摂食障害の治療でまず注目する必要があるのは、摂食障害になることで、病気をつくり...

拒食症の治療法あれこれ

    日本摂食障害学会監修の『摂食障害治療ガイドライン』によると、摂食...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る