カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 自律神経失調症 >
  4. その他 >
  5. 休むってどう休めばいいの?

メンタル

休むってどう休めばいいの?

 

自律神経失調症になりやすい人は性格に共通するものがあります。それは、「良い人」「真面目な人」「我慢強い人」「クヨクヨしてしまう人」などです。元々の性格がこういったものですから、いざ治療のために自宅療養をすると言ってもなかなか心を休めることができません。病気で弱っていても、「会社に復帰は出来るのだろうか」とか「家族に迷惑をかけている」と考えてしまいます。 

では療養中は具体的に何をするべきなのでしょうか?療養中にするべきことは「やらない」ことです。どうすれば「やらない」ができるのか見てみましょう。

 

 

・体が求めるまでやらない

体が動きたいと言うまで寝て、体が食べたくないと言えば食べないでよいです。じっとしていたかったら動く必要はありません。

これらは文字にしてしまうと簡単なように聞こえますが、これが案外難しいのです。なぜならば、「それでは怠け癖がついてしまう」「食べなかったら栄養失調になってしまう」「私が動かなければ」と思ってしまうからです。

 

・ムリをしてつらくなるのは自分も周りも

「~しなければ」「~しててはダメ」と考えると自分がつらくなります。そしてそれを見ている周りの人もつらくなります。

ムリをすれば必ずその分イライラしたり、失敗しますよね。そのイライラや失敗を受け止めるのは周りの人です。それは余計つらいですよね。

 

・今はムリと認める

体はムリな状態を酷使されると必ず、「これ以上はダメ!」のサインを出します。イライラもそうですし、熱が出たり頭が痛くなったり、関節が痛くなったりもします。そういったときは「今は体調が悪いから休んでいいのだ」と、体のサインを受け取ってあげてください

そして動きたくなるまで寝て、じっとしていいてよいのです。

 

 

家族など周囲の人のためにも、「やらない」ことをやることは大切です。焦ってしまう気持ちもわかりますが、それ自体が症状を悪化させますので、体に素直に従うようにしましょう。

  

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/05/01-361545.php?category=404])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

神経の異常、何科にかかればいいの!?

  めまいや、動機、息切れといった身体の症状から、イライラや不安感、恐怖感...

自律神経の働きを調べる検査の種類~いったいどんな検査を受けるの?

自律神経失調症で体調を崩していて病院に行っても、最初から自律神経失調症と診断さ...


仕事に復帰したら気をつけたいこと

  病気療養明けの仕事復帰は、非常にたくさんの仕事が待ち受けています。そんな中...

調べても不調の原因がどこにもない!その不調、自律神経失調症かも…

胃腸の不調が長く続くときに、心療内科を受診するという人はほとんどいないと思いま...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る