カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 「過食」と向き合うために

メンタル

「過食」と向き合うために

%E9%81%8E%E9%A3%9F6.jpg

■過食は必要なものだと認める


「過食」は自分を嫌いだと思う気持ちが蓄積されたところに起こってきます
そして、「過食」がひとたび発症すると、「過食をやめられない自分」をますます嫌いになるということになってきます。

ここで重要なのは、過食について自分を責めない、ということです。
自分を責めてしまうと、ますます自分のことが嫌いになり、ますます「過食」がひどくなる、という悪循環に陥ってしまうからです。

過食をする自分を責めないためには過食は必要なものだと認めることが重要です。
これは気休めではなく本当のことです。

■過食を責めないこと


まず、飢えに対する反応としての過食は、生体防御反応であり、生きていくために本当に必要なものです
飢えているのに「もっと食べなければ」という気持ちにならなかったら、本当に死んでしまうでしょう。

そして、「過食」も、当面は必要なものです
なぜかというと、">「過食」があるおかげで、「モヤモヤとした」気持ちに押しつぶされずに、何とか生きているからです。
「過食」があったから生き延びてこられたのだ、と思わせる人はたくさんいます。

そういう意味では「過食」も生体防御反応であるといえましょう。
あまりにも強い「モヤモヤとした」気持ちにやられてしまわないように、強い気持ちにできるだけ直面しないで済むように何とか自分を守っている症状だと言えるからです。

過食は楽なものではありませんし、治療の過程でなくしていく症状ですが、まずは「自分には過食が必要なのだ」と、過食の価値を認めてあげることが治療の第一歩です。

過食を責めている限り、過食はなくならないといえます。

(Photo by //asanagi987.blog27.fc2.com/blog-category-1.html )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

過食症に薬物治療は有効か?

  過食症に薬物治療は有効なのでしょうか? 様々な実験によると、有効だとでてい...

過食症が及ぼす影響と治療法について

  生命維持のために、飢えを解消するための過食と、ネガティブな気持ちから逃れた...


摂食障害はどんなふうに治るか

■弱点の捉え方摂食障害は治る病気です。しかし、「体型や体重を気にせずに何でも食べ...

拒食症が引き起こす合併症~嘔吐~

  拒食症は食べないことによって体重減少を引き起こすだけでなく体中に様々な...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る