カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. ヘルニア >
  4. リハビリ(ヘルニア) >
  5. ヘルニアの治療後のリハビリ方法は正しく理解しよう

関節痛・腰痛

ヘルニアの治療後のリハビリ方法は正しく理解しよう

 


万が一ヘルニアになってしまった場合は、手術等の治療法があります
中でも切開をして手術する方法が、効果的だと言われたいます。
その方法はいくつか種類がありますが、どの手術も1~2週間の入院を必要とします。
比較的痛みからの解放は早いですが、その後のリハビリがその後の生活に重要になってきます。


●治療を終えてからが肝心

治療を終えて、痛みから解放され、ほっと一息つきたいところですが、そこからが大事です。
リハビリをしなくてはなりません。
痛みで動けなかった期間が長ければ長いほど筋肉が衰えています。
特にヘルニアの最大の敵『腹筋』と『背筋』を無理なく鍛えなくてはなりません。
ただし、痛みが伴うような激しい運動や術後すぐのトレーニングは禁物です。
まずは日常生活における立ち上がり、寝返りなどから医師の指導のもと行いましょう

ある程度日常生活を取り戻したと思ったら、筋力アップに心がけましょう。
水中散歩は、腰への負担が少なく効果的です。

 

●日常生活の見直し

これを行わないと、また、ヘルニアを発症します。
慢性化しない為にも、日常生活を改善していきましょう。


1.姿勢を見直す

自分の体の歪みがないか、左右どちらか一方に負担がかかっていないかを見直し、改善しましょう。

 

2.適度な運動やストレッチ

適度な運動によって、筋肉が衰えない様注意しましょう。体の柔軟性も大事です。


3.体重の減量

腰や膝に負担がかかります、太っている方はまず体重を落としましょう。

 


4.ひねる、重い物を中腰で持ち上げる動作は避ける

腰の負担を考えて、膝をついて作業するなど工夫しましょう。

 

(イラスト: by //park3.wakwak.com/~fumira/file25.htm)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(ヘルニア)に関する記事

リハビリは気長にゆっくりと…

      ヘルニアになったらリハビリを行います。二通りのリハビリがありま...

ウォーキングで下半身の筋力アップ~椎間板ヘルニアのリハビリ~

  発症直後から痛みが強い椎間板ヘルニアの急性期では、できるだけ動かないよ...


焦りは禁物!椎間板ヘルニアのリハビリ

リハビリのために良かれと思ってしていたことが、症状を悪化させてしまった…椎間板...

焦らずゆっくり!椎間板ヘルニア・リハビリの流れ

  椎間板ヘルニアは、自然縮小するケースも多々ありますが、再発も多く、完全...

カラダノートひろば

リハビリ(ヘルニア)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る