カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. 症状 >
  6. 家族性高コレステロール血症で見られる肥厚、黄色腫

生活習慣病

家族性高コレステロール血症で見られる肥厚、黄色腫

脂質異常症(高脂血症)は、一般的には自覚症状がないと言われています。ですが、家族性の脂質異常症(高脂血症)、家族性高コレステロール血症には自覚症状があります。

 

●肥厚

肥厚とは漢字の通り、肥えて厚くなることです。家族性の脂質異常症(高脂血症)の場合は、肥厚が代表的な自覚症状です。

 

特に多いのがアキレス腱肥厚というもので、アキレス腱が盛り上がってきます。横から見ると、普通は足首からかかとにかけての曲線は滑らかですが、アキレス腱肥厚の方は足首からかかとにかけて段がついたような状態です。

 

●黄色腫

黄色腫は皮膚の盛り上がりで、色はクリーム色、もしくは茶色に近い黄色です。黄色腫は全身のどこにでも現れますが、家族性高コレステロール血症の患者の場合は、ひじやひざなどに黄色腫が出来る場合が多いようです。

 

また、人によっては手のひらや眉間に黄色腫ができたことで、家族性高コレステロール血症に気づいたという場合もあります。

 

●痛みはあるの?

アキレス腱肥厚は多少なりとも痛みがあると言われています。いきなり歩けなくなるほどの痛みが来るわけではなく、足を怪我したかな、と思う程度の痛みと感じる方が多いようです。

 

黄色腫は痛みをほとんど伴いません。

 

最近アキレス腱に痛みがあり、盛り上がってきているような気がする、黄色いできものがいつまでも消えないといった自覚症状がある場合は、病院で検査を受けることをお勧めします。

 

家族性高コレステロール血症の可能性だけではなく、ほかの病気の可能性もあるからです。

(Photo by: //www.ashinari.com/)  

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

脂質異常症(高脂血症)で起こる、コワ~イ合併症とは?

  脂質異常症(高脂血症)は自覚症状がなく、知らないうちに進行していく病気です...

家族性高コレステロール血症の症状と診断法

     本来、脂質異常症には自覚症状はありません。 血液検査により、高LD...


家族性高コレステロールの患者は動脈硬化症の診断を行おう!

      家族性高コレステロールヘテロ接合体患者(FH)の臨床症状は、症例に...

家族性高コレステロール血症に見られる角膜輪と黄色腫

遺伝子性疾患の家族性高コレステロール血症 家族性高コレステロール血症(fami...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る