カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. 治療 >
  6. 脂質異常症(高脂血症)の治療期間はどれくらい?

生活習慣病

脂質異常症(高脂血症)の治療期間はどれくらい?

 

脂質異常症(高脂血症)と付き合っていくうえで気になるのは『いつまで脂質異常症(高脂血症)を治療すればよいの?』ということです。
脂質異常症(高脂血症)の治療期間について説明します。

 

●脂質異常症(高脂血症)は治らない?
脂質異常症(高脂血症)は治らない病気と言われることもあります。
ですが、実際には治らないというよりも『治る・治らない』で表現できない病気なのです。
例えば腫瘍ができたときは、その腫瘍が消えてなくなれば治ったということになります。
脂質異常症(高脂血症)の場合は血液内の脂質がゼロでは健康によくありません。
そのことから、血液内の脂質をうまくコントロールできるかどうかにかかっていると言えます。

 

●コレステロール、中性脂肪のコントロールのために
脂質異常症(高脂血症)の検査値であるコレステロール、中性脂肪のコントロールのための食事、運動習慣は長期間に渡って続けなければなりません。
1か月、2か月という単位ではなく、5年、10年といった単位で血中脂質コントロールは続いていきます。

 

●薬物治療は人によって期間が違う
生活療法によってどれくらいコレステロール値、中性脂肪値を抑えられているかで薬物治療の期間は変わります。
人によっては数年間薬を飲み続けなければならないこともありますが、1年程度で服薬を終了する方もいます。

 

以上のことから、脂質異常症(高脂血症)の治療は生活療法的な面ではほぼ一生に渡って続くが、薬物療法的な面では個人差があると言えます。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/09/27-370740.php) 

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

脂質異常症は心血管や脳血管の原因!使用されている薬剤の作用

          脂質異常症は、動脈硬化を引き起こし、心血管や脳血管などの...

脂質異常症(高脂血症)の入院治療はあるの?

病気の治療となると気になるのは入院治療です。入院治療をすると費用もかかります...


脂質異常症治療薬が腎機能に及ぼす効果

     腎障害をあらわすアルブミン尿や血尿、または腎機能をあらわす糸球体濾...

脂質異常症の治療薬が脳卒中に及ぼす効果を知っていますか?

        脂質異常症は、動脈硬化を引き起こし、心血管や脳血管などのリス...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る