カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. 治療 >
  6. 脂質異常症(高脂血症)の入院治療はあるの?

生活習慣病

脂質異常症(高脂血症)の入院治療はあるの?

病気の治療となると気になるのは入院治療です。
入院治療をすると費用もかかりますし、仕事の面でも穴をあけてしまうことになります。
ここでは、家族性の脂質異常症(高脂血症)ではなく生活習慣とかかわっている脂質異常症(高脂血症)での入院治療の状況を見ていきます。

 

●脂質異常症(高脂血症)は通院治療
脂質異常症(高脂血症)の治療は通院治療で行われる場合がほとんどです。
というのも生活療法が中心になるので、普段の生活を改善することが一番に必要とされるからです。
入院という、普段とは違う環境での治療よりも日常生活の中で血中コレステロール、血中脂質を改善することが望まれます。

 

●検査も入院は必要なし
脂質異常症(高脂血症)かどうかを確かめるための検査においても入院するということはまずありません。
脂質異常症(高脂血症)だけではなく生活習慣病全般の検査、人間ドックも行うというのであれば2日程度の検査入院の可能性はありますが、脂質異常症(高脂血症)の単体検査なら血液検査だけです。
血液検査は10分もしないうちに終了します。

 

●脂質異常症(高脂血症)で入院する場合とは?
脂質異常症(高脂血症)で入院する場合は、合併症が出ている場合です。
脳梗塞や心筋梗塞など命に係わる病気が脂質異常症(高脂血症)の合併症として出ている場合は入院治療を行います。
合併症の治療と同時に脂質コントロールの方法を学んでいきます。

 

基本的に、脂質異常症(高脂血症)のみでの入院は考えられません。

運動や食生活など日常生活の中でも気をつけられることはあるので、脂質異常症を悪化させないためにも、まずはできることから始めてみましょう。  

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2008/09/30-008906.php) 

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

脂質異常症は心血管や脳血管の原因!使用されている薬剤の作用

          脂質異常症は、動脈硬化を引き起こし、心血管や脳血管などの...

脂質異常症(高脂血症)の治療期間はどれくらい?

  脂質異常症(高脂血症)と付き合っていくうえで気になるのは『いつまで脂質異常...


脂質異常症の治療薬が脳卒中に及ぼす効果を知っていますか?

        脂質異常症は、動脈硬化を引き起こし、心血管や脳血管などのリス...

知っておきたい、脂質異常症の治療法!~生活療法と薬物療法 その特徴~

  合併症を引き起こすと死の危険性もあるのが脂質異常症(高脂血症)のもっとも恐...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る