カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. 脂質異常症には魚がベスト!?青魚に含まれる成分と接種の注意点

生活習慣病

脂質異常症には魚がベスト!?青魚に含まれる成分と接種の注意点

 

青魚というと生臭い、味に癖があると思う方も多いかもしれません。
そんな青魚ですが、実は脂質異常症(高脂血症)の予防におすすめの食材です。

 

●青魚の何がいいの?
脂質異常症(高脂血症)の予防と関係が深い青魚の成分は『不飽和脂肪酸』と呼ばれるものです。
具体的にはEPAやDHAのことで、オメガ3系脂肪酸と呼ばれることもあります。
脂肪酸、という名前のEPAやDHAは脂肪ではありますが中性脂肪、悪玉コレステロール値を下げるのに適しています。
ちなみにDHAは認知症、うつ病への効果も確認されている成分です。

 

●どうやって摂取するのがベスト?
青魚に含まれる不飽和脂肪酸は酸化する前に摂取するのがベストと言われています。
空気に長いこと晒されていると脂肪酸が酸化して、脂質異常症(高脂血症)の予防効果が薄れてしまいます。
新鮮なうちに食べる、という意味では刺身などはお勧めの食べ方です。
なお、冷凍の場合も脂肪酸は酸化してしまうので青魚を買ってきたらその日のうちに調理するのがよいでしょう。

 

●青魚摂取の注意点
脂質異常症(高脂血症)の予防には非常によい青魚ですが、全体のバランスを考えて食べること、総カロリーを考えて食べることはもちろん重要です。
青魚だけではなく野菜や炭水化物も摂取して、バランスの良い食事を心がけてください。
また、脂質異常症(高脂血症)だけではなく高血圧の疑いもある場合は味付けには十分気を付けてください。

 

青魚はとても体に良い食材です。

日々の食生活に青魚を取り入れて、脂質異常症(高脂血症)を予防してみるのもよいでしょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2008/11/25-010500.php) 

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

そんな効果が!?パン酵母で脂質異常症を抑制!?

病気に対して効く食材はいつの時代も注目されています。脂質異常症(高脂血症)に...

押さえておきたい、脂質異常症の食事療法!大事な3つのポイント

  脂質異常症(高脂血症)の治療・予防において最も大切なポイントと言われて...


食事の質が重要なポイント!食生活の改善で脂質異常症を予防する

  人が食事をした後の生体反応は一定時間継続し、次の食事にも影響していると考え...

脂質異常症の原因は小児期の食生活?!食育で生活習慣病の予防

                食習慣は脂質異常症などの生活習慣病の主な発症...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る