カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. 脂質異常症(高脂血症)なら今すぐ禁煙を!

生活習慣病

脂質異常症(高脂血症)なら今すぐ禁煙を!

 

 

最近は街中でも全面禁煙にしているオフィスや飲食店が増えてきました。
愛煙家には暮らしにくい世の中になったと言われますが、タバコは健康への害が多いです。
タバコは脂質異常症(高脂血症)とも関係しています。

 

●タバコで血圧が上がる
タバコは交感神経を刺激することによって血圧を上げます。
交感神経が刺激された状態はストレスを受けている状態と同じで、コレステロール値を上げるホルモンが分泌されやすくなります。
このことから、タバコは脂質異常症(高脂血症)に良くないと言われています。

 

●動脈硬化の進行とのかかわり
脂質異常症(高脂血症)の合併症の中でも命に係わる更なる合併症を引き起こす存在として知られているのが動脈硬化です。
タバコを吸うと血液中のコレステロールが酸化することによって動脈硬化、ひいては脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしやすくなってしまいます。
脂質異常症(高脂血症)の疑いがある、最近コレステロール値が高いという場合はまず禁煙をしてください。

 

●禁煙外来を利用する
今までヘビースモーカーだったため、急にタバコを止められないという方もいるかもしれません。
自分だけの力でタバコを止めようとしたら一気に甘いものが欲しくなり、結果的にコレステロール値に悪影響だったという場合もあります。
ご自分の状況に合わせて禁煙外来に通うなども考えてみてください。
最近は首都圏だけではなく地方都市でもほかの科に付随した禁煙外来が多いです。

 

脂質異常症(高脂血症)の予防、治療にとって禁煙は欠かせないポイントです。
タバコを止めることで脂質異常症(高脂血症)を予防しましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/11/02-341666.php) 

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

エネルギー・コレステロール摂取量が重要!脂質異常症の食事療法

          脂質異常症の食事療法はコレステロール制限が中心と考えられ...

脂質異常症での禁酒・禁煙のすすめ

                 脂質異常症では、よくアルコールを制限しますが...


治療の必要性を認識することが大切!生活改善で脂質異常症改善

  脂質異常症の方は、血液データに異常値が出るまでの間、自覚の有無に関わらず、...

LDLコレステロールが高めの方の運動方法は有酸素運動を!

私たちの体の中には様々な種類のコレステロールがあり、それぞれに役割があります。...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る