カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 脂質異常症を治療する第一歩は食事療法から!

生活習慣病

脂質異常症を治療する第一歩は食事療法から!

 

脂質異常症(高脂血症)は生活習慣と関わりの深い病気です。
中には遺伝によって脂質異常症(高脂血症)になってしまったという人もいますが、数は多くありません。
脂質異常症(高脂血症)は食事や運動において少し気を配るだけで改善できる可能性も高い病気です。

 

●治療の第一歩は食事療法から
家族性脂質異常症(高脂血症)、家族性高コレステロール血症でない場合は食事療法を第一選択の治療法としています。
生活習慣型の脂質異常症(高脂血症)で、いきなり薬物治療に入るということはほぼあり得ません。

 

●食事療法、運動療法で数か月様子を見る
生活習慣型の脂質異常症(高脂血症)の治療においては、食事療法と運動療法で数か月間様子を見て、その後の結果次第で薬物療法を取り入れるという場合がほとんどです。
もちろん、その間行っていた食事療法や運動療法はその後も続けなければなりません。
数か月経っても血中コレステロール値、血中中性脂肪値が下がらない場合は薬物療法も行います。

 

●食事療法には努力も必要
食事療法においてはある程度努力も必要です。
人によって苦労の度合いは違いますが、多少なりとも今までの食生活とは違う食生活を意識的に取り入れなければなりません。
負担はありますが、将来的に起こり得る脳梗塞や心筋梗塞、脳出血のリスク低減と思って頑張ってください。
栄養士などプロの指導もありますので、あきらめずに続けていきましょう。

 

脂質異常症(高脂血症)の治療にとって食事療法は最も大切な治療法です。
自分自身で食事習慣の改善をするのは大変ですが、食事習慣を改善することで脂質異常症(高脂血症)やそのほかの病気も治療・予防することができます。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/06/07-337366.php) 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

お酒を控えてコレステロールをコントロールしよう

  コレステロールは体にとって非常に有用な成分であるものの、その量が多すぎ...

朝食前のアーモンド摂取は、HDLコレステロールを増加させる?!

悪玉コレステロールである「LDL-C」を下げ、善玉コレステロールである「HD...


紅麹を使ってコレステロール対策を!

  コレステロールの値を下げるためには食事と運動が二大対処方法ですが、これ...

LH比を改善させるには食事でLDHコレステロールを少なくする必要がある!

    LH比とはLDLコレステロール÷HDLコレステロールの式で算出される...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る