カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 食事療法 >
  5. 豆知識 >
  6. くるみと脂質異常症(高脂血症)治療

生活習慣病

くるみと脂質異常症(高脂血症)治療

 

スーパーのナッツ類のコーナーなどでも手軽に手に入るくるみ。
そんなくるみが脂質異常症(高脂血症)の予防と治療に役立つことがわかりました。

 

●くるみと青魚の共通点
くるみと青魚には共通点があります。
それがオメガ3系脂肪酸です。
青魚に含まれるのはDHAやEPAですが、これらの成分と同じ分類となるオメガ3系脂肪酸がくるみにも含まれるとわかりました。
オメガ3系脂肪酸は体内の悪玉コレステロールを減らしてくれます。

 

●くるみのその他の栄養素
脂質異常症(高脂血症)にくるみが良いのはオメガ3系脂肪酸を含んでいるだけではなく豊富な栄養素を含んでいるからです。
抗酸化作用があるビタミンE、日本人には不足しがちと言われる亜鉛などもくるみには含まれています。
食物繊維も摂取できます。

 

●どれくらい食べればよいの?
アメリカのハーバード大学の研究でくるみによる効果が得られたのは『食事の総カロリーのうち10-24%をくるみで摂取』『4-24週間続けた場合』でした。
平均で、悪玉コレステロール値が9㎎/dl以上も減ったのです。
なお、体重増加などの悪影響はなかったそうです。

 

これらのことから、脂質異常症(高脂血症)もしくは最近コレステロール値が高くて悩んでいるという方は積極的にくるみを摂取することをお勧めします。
ただし、くるみの加工品で糖分を大量に使っているものは糖分過剰摂取につながる恐れがありますので十分に注意して、出来るだけ味のついていないくるみを選ぶとよいでしょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/12/12-373998.php)

  

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

豆知識に関する記事

体内の脂肪を減らすための油?オメガ3で高脂血症の改善を!

  高脂血症では「脂は摂っちゃだめ!」と思いがちですが、体内の脂肪を減らす...

調理方法次第で脂肪は減らせる!高脂血症にはスチームオーブン

  高脂血症になったら、食べたいものも食べられなくなってしまいます。お肉好...


知っておきたい!生活習慣病に効果アリ、野菜を上手に食べる裏ワザ

  脂質異常症(高脂血症)や糖尿病など生活習慣病の方に足りないと言われているの...

良質な脂肪であるといわれている多価飽和脂肪酸とは?~生活習慣病の予防~

  多価不飽和脂肪酸は、生活習慣病を防ぐといわれています。今回は多価不飽和...

カラダノートひろば

豆知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る