カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 摂食障害の症状は松葉杖のようなものです

メンタル

摂食障害の症状は松葉杖のようなものです

%E6%9D%BE%E8%91%89%E6%9D%96.JPG

■病気が「治る」ことのイメージを決める


摂食障害の人は、病気で苦しんでいるというのに、治ることについて決して積極的ではありません。
「治りたくない」とはっきり言う人もいますし、治る方向に話が進むと症状が悪くなる人もいます。
そもそも、なかなか治療の場に足を向けてくれません。

これはむしろ当然のことです。
「拒食」にしろ「過食」にしろ、現実生活(「拒食」の場合は、それまでのやり方が通用しなくなった状況。「過食」の場合は、自分を嫌いだという気持ちが強まる状況)と何とか折り合いをつけるための形として病気が起こってきたのです。
そのままの状態で病気がただ治ってしまったら、苦しい現実生活に再び直面することになります。
意識的にしろ無意識にしろ、治りたいと思わないのが当然です。

■治すことは「症状をなくす」という意味ではない


摂食障害を治すということ、「症状をなくす」という意味ではなく、「症状がなくても現実生活をそれなりにやっていけるようになること」と定義すると、だいぶ雰囲気が変わると思います。
実際に、その場しのぎではなく本当に「治る」ときは、そういう変化が必ず起きます。

■摂食障害の症状は松葉杖


摂食障害の症状は、松葉杖のようなものです。
足を骨折してしまったときには、松葉杖がなければ歩けません。
骨折が治ってないのに松葉杖だけを奪い取ろうとしても、必死の抵抗にあうのは当然です。
無理やり症状をなくすタイプの「治療」が、かえって事態を悪化させるのは当たり前のことだといえます。
松葉杖は、骨折が治るまでは手放すことはできません。

松葉杖にはもうひとつの意味があります。
骨折していても、杖があればいろいろと歩けるということです。
摂食障害の人の中には、病気になって初めて周囲につらさを気づいてもらえる人が少なくありません。

患者さん自身は自己主張ができなくても、症状がかなりの程度、自分の苦しさを代弁してくれます。
それまで足を踏み入れたことがなかった領域に踏み込めるという意味でも、摂食障害の症状は松葉杖なのです。
せっかく松葉杖を手にしたのですから、できるだけ遠くまで歩いて、新しい人生を手に入れたいものです。

(Photo by //joy-tank.blog.so-net.ne.jp/2010-06-21 )

著者: くまさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

摂食障害だと気持ちを話すことが苦手・・・でも人に気持ちを伝えることが重要!不安な理由3つ

摂食障害の人は全般に自分の気持ちを話すことが苦手です。気持ちを話すことができな...

摂食障害はどんなふうに治るか

■弱点の捉え方摂食障害は治る病気です。しかし、「体型や体重を気にせずに何でも食べ...


摂食障害で胃腸が弱ったら・・

  非常にやせているにもかかわらず本人は太っていると思い込み、極端に食事を減らし...

拒食症治療は食事のリハビリ

  かつてドイツで思春期やせ症といわれた拒食症も今や若い女性だけでなく、小学生...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る